一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング

出会い系って本当に出会えるの?

そんな疑問を持っている人は沢山います。
その気持ちはすごく分かります。
何故なら私も長い間、登録を躊躇っていたのですから(笑)

本当に出会えるとか嘘でしょ! って。


しかし、疑いつつも本心を言えば、本当に出会えたら良いなって期待もしていました。
やっぱりセックスフレンドがいる生活って男の夢ですから!!


そして、結局性欲には逆らえず、出会い系サイトを片っ端から調べて、片っ端から登録しました(笑)
10サイト登録して、1サイトでも成功(セフレが出来れば)儲けものって感じで、開き直ったのです。

やっぱり、自分から動かないと幸せはやってこないですからね。
とても日常生活の中で、そういう都合の良い女ができるとは思えませんでしたし。


そして、登録したサイトで、ヤレそうな女に片っ端からメールを送りました(笑)

すると、なんと!
10サイト中、3サイトで女性(女子大生、OL、人妻)と会うことが出来ましたのです!!
もちろん、全員とエッチできました!!!
確率にして、成功(性交)率 30%でしたが、登録してから数日間で目標を達成できたので、上出来です。


また、このときは残念ながら、セフレを作るところまではこぎ着けられず、その場限りの割り切りでしたが、それでもかなりの自信になりました。


それからは、俄然ヤル気が出て、出会い系のサイトの事や口説き方を研究しました。
そして、色々な女性と出会って、あることに気が付きました。

最近の女性は、セックスに対するハードルが非常に低いという事に。

身近なところだと、AV(アダルトビデオ)ですね。
AVは毎日のように新作が出ています。
そして、素人者ってけっこう出回ってるじゃないですか?
さらに、1本のAVに複数人の子が出てたり。
つまり、セックスに対する考え方が緩い女性(簡単にセックスに応じてくれる)って実はかなり多いのです。

風俗業界が年々拡大しているのも、そう考える理由の一つです。
需要(エロいことしたい男性)が増えるのと比例して、供給(エロいことさせてくれる女性)が増えているのです。

そういえば、過去に出会った女性でも、AVに出たことのある子がいました。
その子は、セックスが大好きで上手い人(男優)に犯されたい願望があったようです(笑)

また最近では、↓のようなやりとりが日常的に行われているのもまた事実です。
出会い系で知り合って、LINEにシフトするパターンですね。




まずはおっぱいの確認! 巨乳かな? 形はキレイかな?

deaikei-line-1.jpg


徐々に話題は下半身の方へ・・・。

deaikei-line-2.jpg


ここまできたら、オマンコ見せて!

deaikei-line-3.jpg


今では、私も経験人数が年齢×2くらいにはなりそうです。
個人的には、お互いをよく理解しているセフレもいいけど、やっぱり、初めての人とするのが一番興奮します。
どんなプレイをしようか、どこを攻めてイカせようか、どんな喘ぎ声でよがってくるのか。
考えるだけでワクワクします。


このブログを読んでくれている皆さんにも、最高の興奮と快感を感じてもらえればと思います。

実際に使って良かった出会い系サイトをまとめたので、是非参考にして下さい。



第1位 ミントC!Jメール

総合評価:★★★★★★★★★★
出会い易さ:★★★★★★★★★★
即ハメ度:★★★★★★★★★★
地域充実度:★★★★★★★★★
女性の特徴:大人の女性(OL、人妻など)が多い
登録形式:無料登録


⇒ 【公式】 ミントC!Jメール


<管理人コメント>
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!






第2位 メルパラ

総合評価:★★★★★★★★★
出会い易さ:★★★★★★★★★
即ハメ度:★★★★★★★★★
地域充実度:★★★★★★★★★
女性の特徴:セックス慣れしているギャル、痴女、熟女が多い
登録形式:無料登録


⇒ 【公式】 メルパラ


<管理人コメント>
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。






第3位 ハッピーメール

総合評価:★★★★★★★★☆☆
出会い易さ:★★★★★★★★☆☆
即ハメ度:★★★★★★★★★
地域充実度:★★★★★★★★★★
女性の特徴:10代~40代を幅広くカバー(中には、恋愛目的の女性も)
登録形式:無料登録


⇒ 【公式】 ハッピーメール


<管理人コメント>
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!

ハッピーメールバナー




第4位 ワクワクメール

総合評価:★★★★★★★☆☆☆
出会い易さ:★★★★★★★☆☆☆
即ハメ度:★★★★★★★★☆☆
地域充実度:★★★★★★★★★
女性の特徴:比較的若い女性が多く、出会った中には処女の娘もいた
登録形式:無料登録


⇒ 【公式】 ワクワクメール


<管理人コメント>
会員数最大級の出会い系サイトです。
有名雑誌にも多数紹介されるほどの老舗優良サイト!
会員数が多いということは当然出会える可能性も高いということになります。
つまり、何が言いたいかというと…
なんと、このサイトで出会った人たちの体験談が書籍化するくらいのマッチング力があるのです!!
ピュアな出会いと、アダルトな出会いの二刀流というわけです。
エロいことをしたい人は、無料登録をしたら、まず「アダルト掲示板」を利用しましょう!
相手のルックスを確認した上で、会うかどうか判断したい慎重派な人には、
「アダルト投稿画像」と「アダルト投稿動画」の確認をおすすめします。
ここには大人の遊びがあります!






第5位 PCMAX

総合評価:★★★★★★★☆☆☆
出会い易さ:★★★★★★★★☆☆
即ハメ度:★★★★★★★★★
地域充実度:★★★★★★★★★
女性の特徴:20代~30代女性が多く、割り切りの関係が多い
登録形式:無料登録


⇒ 【公式】 PCMAX


<管理人コメント>
女性誌への掲載やTV(東京MX)で紹介されるなど、業界一クリーンな出会い系サイトです。
人気AV女優とのコラボ企画や、会員同士を繋ぐ公式オフ会、湘南&須磨水着コンテスト、H-1(ハメ撮り)コンテスト、PCMAXカフェの出店など、PCMAXは出会い系界の革命児です。
また、こんなことができる企業規模や会員へのサービス精神からも、サクラがいない数少ない優良サイトの一つだと言えるでしょう。
無料登録をしたら「裏プロフィール検索」からエロい女を探しましょう。
(裏プロフだからこそ書ける本音が綴ってありますよ)
検索したら、尻軽ビッチと仲良くセックスするのみ!
ここには社会人のヤリサーがあります!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)


テーマ: 出会い系 | ジャンル: アダルト

やりなおしのデートをすることによって美味しい思いをできたエッチな体験談

俺のメル友はオープンチャットメインの出会い系みたいなトコで見つけた。好きな本とか映画とかが似てて、最初は純粋に趣味のメル友だった。

無論下心が無かったわけじゃないが、逢ってどうこうってのも煩わしいし、なにより趣味の会う友人関係がそんなことで壊れるのがイヤだった。そうこうしてるうちに、メール交換始めて2ヶ月目ぐらい。

彼女が「◯◯(映画名)観たいなぁ」という話題をしきりに振って来るようになった。どうも誘って欲しいような感じがする。

で、思い切って誘ってみたら「誘ってくれて嬉しい」との返事。正直舞い上がった。

さて、待ち合わせ当日。期待と不安で待ち合わせ場所に1時間前に着いてしまった俺は、時間5分前に背がすらりと高いジョディ・フォスターを思わせる知的な美人に声を掛けられてびっくりした。

最初に思ったのは「釣り合わない」という事だった。俺はぎこちなく彼女を自分のボロクルマへ招待した。

不幸なことに、映画は最低の出来だった。自然と会話はもり下がり、彼女の言葉も途切れがちになった。

(このまま別れては二度と彼女に会えなくなる)と危機感を感じた俺は、必死でカラオケ、食事と繋いで彼女を楽しませることに専念した。おかげで彼女にも再び笑顔が戻り、話が弾んで俺は時間を忘れた。

(こんな奇麗で知的な女性と知り合えて、その彼女が俺の目の前で俺との会話を楽しんでくれている)俺はその事実で満足していた。その時点で、逢う前の下心などどこかに消えてしまっていた。

気が付けば夜の9時を回っていた。彼女の家の近くまで送ろうと車を走らせていたら、彼女が言った。

「もう少し◯◯君とお話ししてたいな」その言葉を額面通り受け取った間抜けな俺は、「じゃ、どこかでお茶でもしていこうか?」と聞いた。するとそれを聞いた彼女は、窓の外を見ながらぽつりと言った。

「誘ってくれないのかぁ・・・」俺は、最初、彼女の言っている意味が分からなかった。そして意味を理解した瞬間、まるで心臓が何かの病気にかかったように早鐘を打ち出した。

自分の人生にこんな都合のいい話があるなんて、なにか信じられないような気がした。俺はおそるおそる「誘ってもいいの?」と尋ねた。

彼女は、窓の外を見たままなにも言わなかった。俺は混乱したまま、黙って車をホテル街に向かって走らせた。

ホテルの駐車場まで、俺は彼女と何を喋っていたのか覚えていない。ひょっとしたら何も喋ってなかったのかもしれない。

車を降りて電光パネルの前で部屋を選ぼうとすると、彼女は「淡々としてるんだね」といった。違う。

今日会ったばかりで、キスはおろかスキンシップすらろくにしていない女性と、しかも自分が釣り合うとも思えない綺麗な女性といきなりホテルに来てしまって、何を話していいかわからないだけだ。良さげな部屋を選び部屋に入ると、彼女は楽しげに「わぁ、可愛い部屋ー」と言ってベッドに倒れこんだ。

俺だってラブホなんて学生時代に付き合ってた彼女と、4年も前に何度か入っただけだ。所在無くソファに腰掛けた俺に、寝ころんだまま彼女は「こっちにおいでよ」と声をかけた。

間抜けにベッドの縁に腰掛け直す俺。俺は思い切って彼女に聞いた。

「俺なんかとこんなとこに来てもいいの?△△さんもてるんじゃない?」その問いに直接答えずに、彼女は言った。

「私は◯◯くんの考え方とか感じ方、好きだよ」そのままくるっと仰向けになって、彼女は目を閉じた。

俺は、吸い込まれるように彼女にキスをした。彼女が漏らした「んんっ・・・」という吐息を聞いて、俺の頭は真っ白になった。

貪るようにキスをしながら、俺は彼女の服を脱がせた。小振りだが綺麗な胸が露わになり、そこにもキスをした。

彼女は感じているようだった。彼女の喘ぎ声を聞いているだけで、俺はいってしまいそうだった。

俺が手を休めると、彼女は上になり俺の服のボタンを外し始めた。ズボンのベルトも外したので腰を浮かせると、彼女はズボンごとトランクスを下げた。

「おっきくなってるよ」笑いを含んだ声で言うと、彼女は前触れなく俺のものを口に咥えた。俺はパニック状態の頭で「△△さん、シャワー浴びよう。汚いよ」と言ったが、彼女は黙ってゆっくりと裏側に舌を這わせ、そしてもう一度口に含んだ。

その瞬間、なさけなくも俺は彼女の口の中でいった。すこし眉をよせて彼女は口の中のものをティッシュに出した。

驚くほどの量の精液が彼女の口から吐き出される様子を、俺はぼおっと眺めていた。彼女はこちらをちらっと見て恥ずかしそうに言った。

「ごめんね~。飲むの苦手なの」

「ううん。俺こそ・・・ごめん」彼女は小さくかぶりをふると、俺の腕を枕にして横に寝ころんだ。

しばらく腕枕で話した。話の途中で彼女が唐突に聞いた。

「こんなことになって、ひょっとして後悔してたりする?」

「え?なんで?」

「なんか複雑そうな顔してるから」

「違うよ!△△さんみたいな・・・素敵な人とこうなれて、俺、なんか現実感なくて」俺は正直に言った。彼女は「ふうん」と、でもちょっと嬉しそうに言って、俺の胸に頭を乗せてきた。

そしてどちらからともなくキスした。胸をそっともむと彼女は「そこ、舐めて」と言った。

その言葉に興奮した俺は胸にむしゃぶりついた。彼女は「ああ、そうされるの好き」と言いながら俺の頭を抱え込んだ。

下のほうに手を伸ばすと、ショーツの上からもわかるほどそこは湿っていた。彼女が感じたような声で、「下も。お願い」といい、俺はショーツを脱がせてむしゃぶりついていた。

顔をべとべとにしながら彼女の言うままに俺は舐め続けた。しばらく夢中で舐め続けていると、彼女のあえぎ声は切羽詰まったような感じになってきた。

気がつくと彼女の指が自分のクリトリスを刺激するように目の前でうごめいていた。直後、彼女のあえぎ声が止まったかと思うと、彼女の太股がオレの頭を強く挟み込んだ。

その時彼女はいっていたと思う。俺はたまらなくなり、コンドームに手を伸ばそうとした。

その時彼女が荒い呼吸をしながら言った。

「付けずに入れて・・・」信じられない科白だった。

俺はぎこちなく頷いて彼女に覆いかぶさっていった。挿入しようとすると、そこは潤っているのに入りにくかった。

別に俺のが大きいわけじゃない。普通かむしろ小さいぐらいだ。

俺は少しずつ自分のものを彼女の中に埋めていった。彼女は大きな声を上げ、綺麗な顔がゆがんだ。

彼女の中は熱く、きつく、ぬるぬるで、根元まで埋まった時、さっき出したばかりにも関わらず俺はもう逝く寸前だった。俺はそのまま動かずにじっとしていた。

それでもじわじわと快感が伝わってくる。俺は言った。

「すごい、△△さんの中気持ち良すぎるよ・・・」

「私も。ああ、これが欲しかったのぉ」彼女は俺にしがみつくと、下から激しく腰を動かした。

その科白と腰の動きに、俺はひとたまりもなかった。彼女を抱きしめて名前を呼びながら、俺は彼女の中に大量に射精していた。

しばらくじっと抱きしめていると、彼女が急に我に返ったように言った。

「え?うそ。出しちゃったの?」俺は、早かったことを責められたのだと思い、言った。

「ごめん。あっという間に終わって・・・」

「違うよ!」彼女は怒ったように両手で俺の肩を押した。

「なんで中に出すの?」

「え?さっきそのままで・・・って」俺はハッとした。確かに彼女は中で出していいなんて言ってない。

彼女は俺をはねのけてバスルームに駆け込んだ。激しいシャワーの音を聞きながら、俺は後悔した。

外に出すとか、出す直前に着けるとか、そういう事に全然考えが及ばなかった自分を責めた。シャワーから出てきた彼女は、何も言わずに下着を着け始めた。

俺は謝り続けたが、彼女は「ううん。私もちゃんと言えば良かったよね・・・」と言っただけで、後は生返事しか返さなかった。

車を降りるとき、彼女は「じゃ」とだけ言って振り向きもせず歩き去った。俺は帰るとすぐに謝りのメールを入れた。

普段通りのメールと織り交ぜ、何通も送った。それから2週間経っても彼女からの返事はなかった。

こんなとこで止めると、バッドエンド臭いので、少しだけ続き書いておきます。なかば彼女の事を諦めかけていたある日、いつものように帰宅してメールチェックすると、彼女からメールが来ていた。

俺は慌ててメールを開いた。そこには簡潔にこう書かれていた。

「このまえはごめんなさい。ちゃんと来たから安心して。怒ってるかもしれないけど、一度ちゃんとお話ししたいから、会ってくれると嬉しい」俺はこの短い文面を何度も何度も読み返した。

ホッとしたのと嬉しいのとで、みっともないが少し泣けてしまった。俺は大急ぎで返事を書いた。

返事貰って本当に嬉しかったこと、悪いのはこちらであること、そして今度の土曜日に会いたいと書いた。返事はすぐに来た。

そして前と同じ場所で俺は彼女に再会した。10分前に待ち合わせ場所に行った俺より早く彼女は来ていた。

銀杏の舞う駅前のロータリーに白っぽいコートで立つ彼女の元へ、俺は小走りに駆け寄った。駅前の喫茶店で彼女は話してくれた。

実のところ、最初は怒ってた事。でも、その後何度もメールを貰って、考え直してみると自分も悪かったんだって思った事。

会ったばかりで暗黙の了解なんてなにもないのに一方的に押しつけた事。そうこうしているうちに返事を返しづらくなっていった事。

「それで自分のやったこととか思い返したの。そしたらただの好き者のバカ女みたいだなって思っちゃって・・・。信じて欲しいんだけど、誰とでもそんなふうじゃないよ。◯◯くんといたら、私安心できるから・・・」彼女はそう言って俯いた。

彼女を信じるとか信じないとか、そんな事を言えるほどの絆なんてまだないけど・・・俺には彼女を信じられる気がした。俺は彼女の手を掴み、立ち上がった。

「じゃあ、初めて逢った所からやり直ししよう」彼女は微笑みながら頷いた。手をつないだまま俺たちは店を出た。

俺たちは前回と同じデートコースをなぞった。もちろん映画は違うのにしたが。

やりなおしデートは本当に楽しかった。前回のような五里霧中の気分ではなく、彼女が俺に好意を寄せてくれているのが、何となく伝わってきたからだと思う。

デートの最後、俺たちは前と同じホテルに入った。残念ながら前と同じ部屋はふさがっていたが。

部屋に入り、サービスのケーキを二人で食べた。彼女がコーヒーをいれてくれた。

テレビを見たりしてひとしきり語りあった後、俺は彼女にキスをした。そして今度は自分を落ち着かせながらゆっくりと服を脱がせていった。

「なんだか恥ずかしいよ」下着姿になった彼女は俺の腕から逃げてベッドにもぐり込み、自分で照明を暗くした。俺は懸命に気を静めながら服を脱ぎ、トランクス姿になって彼女の横にもぐり込んだ。

そして抱き寄せて下着を脱がせ、体中を愛撫した。彼女は前以上に感じているようだった。

彼女は荒い息で言った。

「来て」

「きょうはちゃんとつけるよ」

「うん・・・」そして俺は彼女の中にゆっくりと入っていった。

彼女の中はやはりきつかった。何度か往復しただけで、情けない事に又も射精感がこみ上げてきた。

「もういきそう?」

「うん。ごめん・・・もう・・・」

「逝っていいよ。でもそのかわり」彼女が耳元に唇を寄せた。

「あとでいっぱいしてね」その彼女の囁きを聞きながら、彼女を抱きしめて俺は射精していた。そのあと、シャワーを浴びながら彼女の口に出し、ベッドでもう2回発射した。

最後にやっと彼女と一緒にいくことが出来た。ベッドで抱き合っていると彼女が言った。

「私たち、お互いを良く知らないで付き合いだしたけど、これからゆっくりと知っていければいいよね?」俺はたまらなくなって彼女を抱きしめ、長いキスをした。それから彼女とは1年付き合っている。

彼女の意外に天然ボケだったり家庭的だったりする一面も知り、またセックス下手だった俺もなんとか努力と彼女の協力で克服した。今はお互い離れがたいパートナーになれた。

今度彼女の両親に会う事になっている。



ワクワクメール
会員数最大級の出会い系サイトです。
有名雑誌にも多数紹介されるほどの老舗優良サイト!
会員数が多いということは当然出会える可能性も高いということになります。
つまり、何が言いたいかというと…
なんと、このサイトで出会った人たちの体験談が書籍化するくらいのマッチング力があるのです!!
ピュアな出会いと、アダルトな出会いの二刀流というわけです。
エロいことをしたい人は、無料登録をしたら、まず「アダルト掲示板」を利用しましょう!
相手のルックスを確認した上で、会うかどうか判断したい慎重派な人には、
「アダルト投稿画像」と「アダルト投稿動画」の確認をおすすめします。
ここには大人の遊びがあります!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

バイト先の同僚と色々あって付き合うことになったんだが、そしたら・・・

マッ○のアルバイトで同僚の絵美(高1・16歳)に告白された俺(ボンクラ大学生22歳)。実は女の子と付き合うのは生まれて初めて(もちろん童貞)。

絵美はショートカットが似合って、チョっとタレ目で、はにかんだ笑顔が可愛いい。うつむいた顔を見ると滅茶苦茶に抱きしめたくなる、守ってやりたい!そんな娘だった。

そんな「16歳の高校生」が自分の彼女なのだと考えただけで、俺は猛烈に勃起した。家で絵美の顔を思い浮かべては勃起し、夜中に絵美と電話で話しては勃起した。

バイト先で制服に身を包んでいる絵美を見ては勃起して、制服姿の絵美に勃起した。公園に行ったり映画に行ったりして1ヶ月ほどしたある日、ついに絵美が家に来ることになった。

俺の両親は共働きだったので、彼女を家に連れ込むには大変好都合だった。そしてある日の午後、絵美は家に来た。

俺はすぐに、絵美を自分の部屋へと招き入れた。

「Kさんの部屋って、こんな部屋なんだぁ…。本とCDがいっぱい…」キョロキョロと部屋を見回している絵美。

クリーム色のパーカーにデニム地のスカート、白い靴下の絵美。えみああかわいいよえみ。

冷蔵庫で冷やしておいたピンクツリーフィズ(山瀬まみがCMをしていたお酒)を絵美に勧めた。絵美は喉が渇いていたのか、瓶のままこくこくと飲んだ。

音楽でムードを作らなくては!だが俺の持っているCDは宝島ロックとピストルズとボブマーリーだけ。取りあえずの選択として、ボブマーリーの『ライブ!』をかけた。

ゲットアップ!スタンダップ!と、ラジカセを操作している俺は、絵美がマウスペットを口に「シュッシュッ」としているのに気付いた。キスの準備だ!俺はできるだけ落ち着いたそぶりで、壁にもたれて座っている絵美の横に腰をおろす。

俺は絵美をじっと見た。絵美はチラッと俺の目を見て、そしてうつむいた。

ほっぺが赤い。俺は女の子と付き合うのは絵美が初めてだった。

そして、そのことは絵美の告白にOKを出した時の電話で伝えていた。電話での会話で分かったのは、絵美が男と付き合ったのは高校に入ってからの3人だけ。

同級生3人(同じ部活の男&クラスメート)と付き合ったらしい。だが、3人とも1ヶ月程度で別れてしまったのだと言った。

俺は「ひとつ気になることがあるんだけど聞きにくいなぁ」と白々しく言ってみた。もちろん絵美が処女かどうかだ。

「…。あのね…、まだ、したことないよ…」絵美は答えた。

「キスしたことは?」我ながら馬鹿なこと聞いているとは思うのだが、聞かずにはいられない…。

「…キスもしたことないよ…。こんなこと電話で言ってて、恥ずかしいよ…」その照れた声を受話器ごしに聞きながら、俺は勃起したペニスをしごきまくった…。

絵美の横に座った俺はその時の会話を想い返していた。もちろんすでに勃起していた。

「キスしていい?」いきなり口に出して言ってしまった!(22歳の男が16歳の女子高生に言う台詞じゃないよなぁ!)そう思いながらも俺は絵美の肩に手を置く…。古今東西の映画・ドラマのキスシーンを脳内検索する。

「…」絵美は目を閉じた。

(行くぞ!キスするぞ絵美とキスするぞぉぉぉぉ…!)『めぞん一刻』の五代クンじゃないが、歯と歯のぶつかり合いは避けなければ。顔を絵美に近づけていく。

そして、俺の唇と絵美の唇が触れた…。想像以上に柔らかい感触。

唇と唇をそっと触れさせただけのキス。

「ずいぶんイイカンジに出来たんじゃないか?俺?」と思いつつ、絵美の目を見る。

「初めてのキスだよ」

「…あたしも」絵美は照れくさそうに微笑んだ。

「あんまり夢中だったから、したのかしてないのか分からなかったよ」俺はそう言いながら絵美の髪を撫で「もう1回確認しよう」と言いながらまた唇を合わせた。

頭の中で以前読んだ雑誌の北方謙三の言葉が響く。

「キスしたときに舌をねじ込むのは男の役割である」俺は絵美の小さい唇に舌を割り込ませ、絵美の可愛い舌先に触れた。

無我夢中で動かす俺の舌に合わせて、絵美も舌を動かしてくる。舌をからませながら、絵美を床に寝せて上に覆い被さる。

胸に触った。生まれて初めて女の子の胸を揉んでいる。

柔らかいような硬いような感触が手のひらに気持ちいい。胸を揉みながら手を腰から太ももに這わせる。

絵美の顔を見ながら手を上にずらし、デニム地のスカートをめくり上げていく…。白地にイチゴのガラの可愛い下着。

勃起したペニスの先からカウパー液がにじみ出してくるのが実感できる。そっと恥丘のあたりを撫でる。

目をぎゅっと閉じて横を向いている絵美。ゆっくりゆっくり撫でながらと俺は言った。

「足、もう少し開いてごらん」少しだけ開いた絵美の両方の太ももを撫でてから、下着の上から割れ目を指でこすってみる。下着の布地がツルツルしていて、俺の指先に心地いいスリスリ感が伝わる。

指先に熱い湿り気が伝わってくる。スリスリがクチュクチュに変わっていく…。

「気持ちいい?」

「…うん」絵美が消えそうな声で答える。その声だけで勃起したペニスがはちきれそうになる。

俺は絵美の割れ目の1点を集中的に指でこする。

「一番気持ちいいのはここ?」

「ん…、もうちょっと下…」少し指を下に下ろす。

「この辺…かな?」

「うん…」我慢できない。

「ぬがすよ」

「え?…ん…ちょっと、待って…」絵美は自分でパンツを脱ぐと、くしゅくしゅと丸めてクッションの下へ入れ顔を手で隠す。

顔は両手で覆い隠し、白い靴下だけをはいただけで開脚している絵美の下半身…。俺は、ドキドキしながら絵美の裸の下半身を見つめる。

絵美の柔らかそうなヘア…。指でヘアをそーっと撫でてから、ぴったりと閉じたられている可愛いつぼみを指先でなぞる。

「見るよ…」親指と人差し指で、絵美のつぼみを指で開く。

すっかりヌルヌルになっていた合わせ目は、指で開くとぬるっと開いた。ちょっと想像よりも生生しくて、童貞の俺はすこしためらったが、思いきって舐める。

ぬめりの感じ、そしてかすかな磯の香りが、北海道の味、松前漬けを連想させる。指で割れ目を、ヌルヌルの感触を確かめるようにこすりながら、「コレって、濡れてるの?」と聞いてみる。

「…、うん…」恥ずかしそうに絵美が答える…。

絵美の可愛い花びらを指で撫でつつ、ちょこんと顔を出している突起を指先で揉んでみる。

「感じる?」ちょっと聞きすぎだよな、俺。

でも聞くと興奮するんだよなぁ。指で絵美のクリトリスをやわらかく揉みながら、「顔見せて」と手をどけようとする。

「ダメっ!」手に力をこめる絵美。その必死さが可愛いい。

たまらなく勃起したトランクスの前の部分はもうベタベタになっている。今度はクリトリスを舌先でチョロチョロと舐める。

絵美の息遣いが荒くなる。クリから舌先を離して、今度は可愛いアナルに「チュッ」とキスをする。

「んんっ…!」絵美が小さく腰を跳ね上げる。そのままセピア色のアナルに舌を這わせる。

「…!駄目っ駄目っ!」絵美は必死に逃げようとする。

「どうして?舐めさせてよ、絵美の可愛いお尻」

「ダメ…駄目だよっ…!」絵美は泣きそうな声。

「お尻はダメかい?」

「うん…お尻は駄目ぇ…」

「どうしても駄目なら、俺にお願いしなきゃ」

「ちゃんと、こう言わなきゃ…『感じすぎるから、許してください』って」絵美は一呼吸おいてから、可愛い声で言う。

「お願いします…。感じすぎるから…お尻は許してください…」うわぁ言わせちゃった!言わせちゃった!俺は大満足で絵美のアナルを揉んでいた指を離す。

今の俺なら絶対に絵美がイクまで舐めるけど、当時の俺は自分がイクことしか考えられない。

「俺のも、触って…」でも、絵美はちらちらと俺の目を見るだけ。

耳たぶまで真っ赤だ。

「…、自分からさわれない…」絵美は消えそうな小さな声で言う。

絵美の小さな手を掴んで、強引に俺のジーンズの膨らみの上に置く。

「自分で触って、動かしてごらん…」絵美の手は一度は止まったが、ゆっくりと手のひらが俺の膨らみの上を往復しはじめる。

「ズボン、ぬぐよ…」俺はそう言ってジーンズをぬいだ。

トランクスごしにビンビンに勃起したペニスがわかる。

「パンツの上から触って」絵美はトランクス越しに俺の勃起したペニスをさすり始める。

刺激がさっきとは全然違う!「かるく握ってごらん…」絵美は言われるまま軽く握る。

「どんな感じ?」

「恥ずかしい…、すごく…硬い…」絵美はうつむいて耳まで赤くして、トランクスごしのペニスを握っている。

「気持ちいいよ絵美…」俺の欲望は止まらなくなっている。

「パンツも脱ぐよ」俺は一気にトランクスも脱ぐ。

ペニスが勢いよく飛び出す。

「!…」絵美が目をそらせる…。

「絵美、見て」俺のペニスに、絵美は少しづづ目を向けてゆく…。

絵美に見られていく刺激でペニスがさらに大きくなってゆく…。

「絵美、見てる?」

「…、うん…」

「何見てる?」

「え…、Kさんの…」

「俺の、なに?」

「Kさんの…」

「言って、俺の?何?」

「…、Kさんの…、オチンチン…」絵美の声がかすれている。

「今まで、オチンチン、見たことある?」

「…、小さい頃、お父さんのは見たけど、全然違うから…」

「俺のオチンチン、どう?」

「…、大きいよ…」

「どんな色してる?」

「ん…、複雑な色…」

「大きくて、複雑な色の、Kさんのオチンチンを見てます、って言って」(必死だなw)「…、大きくて…、複雑な色の…、Kさんの…、オチンチンをみてます…」絵美の目が潤んできたような気がする。

「触って、絵美」俺の声もかすれていた…。そっと俺のペニスを握る、絵美の細くて白い指。

16歳の高校1年生の白い指…。

「しごいて…」俺の言う通りに素直に従う絵美。

「これでいいの?…」少しづつ少しづつ、俺のペニスをしごきはじめる。

「ゆっくりゆっくり、しごいて…。気持ちいいいよ…」早くされるとすぐに射精しそうだ。

「絵美、口でできる?」

「…。出来ない…」しごきながら、首を振る絵美。

やっぱり、いきなりフェラは無理か。ちょっとガッカリする。

「いいよ。絵美に無理させたくはないから」と、童貞の癖にそんな変な余裕(カッコつけ)を見せる俺。

「…、横になって…」小さい声で絵美が言う。

俺は仰向けに横になる。

「…、うまくできるかは分かんないけど…」絵美はそう言い2~3度しごきながら、俺のペニスをゆっくりと口に入れた。

ペニスの先が暖かく包まれる。初めてペニスに感じる、女性の中の暖かさ…。

「ああ…、絵美!」意外な展開に感じる快感も衝撃的だった。一度諦めた分、絵美の行動が驚きであり、嬉しかった。

絵美は目を閉じてペニスの根本を握り、亀頭の部分を口の中に入れている。絵美のショートカットが、俺の下腹部をサワサワと触っているのも、最高に気持ちいい…。

絵美は、この後をどうしたらいいか戸惑っているようだった。

「絵美嬉しいよ…。舌をぐるぐるって動かしてみて…」亀頭の先が、絵美の舌でぐるぐるっとこすられる。

今俺は、絵美にフェラチオをさせている…。

「絵美、上手だよ…。気持ちいいいよ…」

「…、…、うん」

「無理しないでいいからね…、口でしごける?」絵美は、顔を上下させ始めた。

握る手のほうの動きがメインなのは仕方ないかな…。

「こぼれてもいいから、口の中につばをいっぱいためて。ぬるぬるってして」

「うん…」しだいに絵美の口の中の滑りが良くなってくる。

「口からこぼれてもいいからね。気にしないで続けて…」ちゅぽちゅぽという音が部屋に響いてくる。

時折絵美の唾液が臍のあたりまでこぼれてくる。

「絵美、いきそう…。口でイってもいい?」絵美は「ちゅぽん」と口から俺のペニスを抜く。

「…、これ以上出来ない…」うつむく絵美。

でも、ペニスは健気に握ったまま…。

「いいよ、絵美。手でイカせてくれるかな?男がイクって分かる?」

「…、うん…」

「Kさんイってください、って言って」絵美は唾液でぬるぬるになった俺のペニスをしごきながら言った…。

「…、Kさん、イって…。イってください…」絵美は真剣な顔をして、俺のペニスをしごき続ける…。

だが、どうしても手の動きがぎこちなく、高まったところでリズムがずれる。俺は、絵美の手に自分の手を重ね、自分が高まるリズムで一緒に手を動かす。

「ごめんね…、下手で…」絵美が小さな声で言う。

「絵美、気にしなくていい…。ほら、この動きが気持ちいいんだよ…」

「…。動かし方、ちゃんと覚えるから…」そう健気に答える絵美がたまらなく可愛い…。

ぐっと、射精感が高まる。手の動きを早める。

「絵美、イクよ…」俺がうめくようにイきそうなことを告げる。

「うん…」絵美はうなずく。

「手はそのまま動かして」イク時は、絵美の手だけでイきたい…。

俺は、絵美の手に重ねた自分の手を離す。

「絵美、もっと早く、もっと!」絵美は言われるまま手の動きを早める。

射精感が腰をしびれさせる。ほんのすぐそこまで来ている。

「もっと!もっと早く!」絵美は今まで以上の速さで、俺をイかせるために手を動かす…。

「ああ絵美!イク!」遂に俺の快感は頂点に達した。

今まで、自分の手でしか出したことのない白い液体が、絵美の手で出る。

「ああっ!絵美!イくっ!」ペニスの先端から、ビュッビュッと精液が吹きこぼれ絵美の手を濡らしてゆく。

勢い良く噴出した精液が、俺のへその辺りまで飛ぶ。俺の射精に驚いたのか、思わず手の動きを止める絵美。

「絵美、まだ、まだ動かして!」最後の一滴まで、絵美の手で搾り出して欲しい!絵美は、まだ硬いまま精液にぐちゃぐちゃにまみれている俺のペニスをふたたびしごく。

「絵美、あとはゆっくり…ゆっくり…」絵美は、だんだん硬度を失っていくペニスをゆっくり、優しくしごき続ける。

自分で出した時よりも、はるかに甘美な快感だった。その快感がゆっくりと、絵美への愛へと変わっていく…。

「絵美、ありがとう。気持ち良かったよ」

「…。うん…。ちょっとびっくりした…」

「びっくりした?」

「…、うん。すごくいっぱい出た…し、それに…すごく熱かった…」絵美は、そう言うとテヘッというように微笑んだ。

部屋に入った時からの緊張が解けたようだ。俺はティッシュを数枚とると、絵美の手に付いた俺の精液を拭きとった。

「ありがとう…」と、絵美。

絵美は新しいティッシュを取り出して俺のペニスを拭いた。

「ありがとう。すごくっ気持ち良かったし、すごく嬉しかったよ」

「うん…」絵美も嬉しそうにうなずいた。

「ごめんね…、最後までさせてあげられなくて…」絵美は、本当に申し訳なさそうに言った。

「いいんだよ。今度、ゆっくり、俺の部屋じゃなくてちゃんとした所で、ね」俺が答えると、絵美は「うん…」とうつむきながら言った。

「ちょっと、手洗ってくるね」絵美は洗面所へ行った。

俺は、ふと、絵美のことを愛しているのか、絵美とセックスしたいだけなのか自分の心がどちらなのかが急に気になった。だが今は、絵美のことを愛しているのだと信じたかった…。

ハッピーメールバナー

ハッピーメール
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

近いうちに結婚する幼馴染がうちに泊まりにきたんだけど、そこで逆レ○プされたw

僕は大学生活から1人暮らしを始めました。最初の1年間は、高校時代の友達が遊びに来たり、僕も2ヶ月に1回は地元に帰ったりしていましたが、3年生になった時にはもう誰も来なくなっていました。

だから、3年生の夏休みはアルバイト三昧でした。(面白いようにお金が貯まっていくなぁ・・・)と思っていた時、突然小・中と仲の良かった奈美から連絡が来ました。

奈美は昔から妙に馬が合った子でした。そんな奈美から、ある週末の夜に突然メールが来ました。

『久しぶり、奈美です。突然連絡してごめんなさい。良かったら少し話しませんか?』高校卒業して以来の連絡だったので、驚くと共に嬉しかったです。

僕がいいよいいよーと返すと・・・。『メルアド変えてなかったんだねー、びっくり。今電話していい?』『うん、いいよ』しばらくして電話がかかってきました。

内容は・・・。・8月末に結婚する事になった。

・結婚したらもう遊べなくなるから、久しぶりに遊ばないか。といったものでした。

僕は、「来週末ならいいよ」と答えました。久しぶりなんて事を感じさせないくらい、奈美との遊びは楽しかったです。

帰りの事をそろそろ心配になってきて、「何時くらいに帰る?」と聞くと、「ごめん、泊まるつもりだったの。ダメ?」と可愛く手を合わされました。

もちろん僕はOKしました。アルバイトばかりしていた僕の部屋はグチャグチャで2人で掃除しなければならず、少し恥ずかしかったです。

何だかいい感じだなと思いましたが、さすがに人妻になる女に手を出してはマズいかと思い、掃除が終わる頃には僕はもう早く寝たくなっていました。夕飯は奈美がスパゲティを作ってくれて、僕らはそれを酒を飲みながら食べました。

奈美との話はやはり面白く、食事が終わっても僕達はお酒を飲み続けました。気がつくと僕は床の上で寝ていました。

普段不眠症気味なのに、やはり奈美といると妙に落ち着いたからだと思いました。その時、奈美は先にお風呂に入っていました。

奈美が出てくる時に何を期待したのか、僕は体を起こして奈美が出てくるのを見張っていました。風呂上がりの奈美は、僕のTシャツとトランクスを勝手に穿いていました。

「あ、起きたの?揺すっても全然起きなかったよ」と奈美は笑いました。そして、台所に向かっていき「飲みすぎたんでしょ。お水飲みなよ」と言って、コップに入った水を僕に渡しました。

その水はとても美味しく、僕は2口で全て飲み干し、風呂場へと向かいました。風呂に入っている間、頭はボーっとしているものの奈美が使った後の良い匂いが残っており、僕は少し興奮しました。

ただおかしかったのです。僕は自分の体では無い様にフラフラとしていました。

平行感覚が取れず、倒れそうになりました。過去に自暴自棄になった時に一度、お酒と一緒にロヒと、ハルシオンを飲んだ時と同じ様な症状でした。

お風呂から上がって脱衣所に来ましたが、体がふらついて服が着れません。僕はフラフラのままバスタオルだけを掴んで脱衣所から出ました。

部屋はいつの間にか豆電球だけの明かりになっていました。僕は何かを踏んでしまい、バランスを崩して床に倒れました。

目の前には正座した奈美がいました。僕の体は思うように動きませんでした。

頭と両手両足が切り離されたようでした。奈美は「大丈夫?寝る?」と言いました。

僕はそれに返事したのかすら覚えていないくらいのタイミングで意識が遠のきました。僕はしばらく眠っていたようですが、突然目覚まし時計が鳴って僕は目を覚ましました。

時刻は夜の2時でした。それはいつもアルバイトに起きる時間で、時計を止めようと手を出そうとしましたが出せませんでした。

僕の両手は後ろ手に縛られていました。時計を止めたのは奈美でした。

奈美は時計を止めると、こちらを向き、「起きた?」と聞きました。この時、僕は裸で仰向けにされていましたがバスタオルはまだ掛けられた状態でした。

ここで起きると何もないままなのが悔しいのと、起きたと知った後の奈美のリアクションを考えると、僕は寝たままでいる事を選びました。奈美は「起きた?」という言葉を2回繰り返した後、僕の顔を覗き込みました。

僕は瞼を閉じて必死に寝たふりをしました。鼻の前に手を当てて僕の寝息を確かめているようでした。

ここで心音を聞かれていたらバレていたと思います。奈美は僕が寝ていると思い込んだのか、僕の下半身の方へ体を移動させました。

奈美は移動した事で、僕は薄っすらと視界を作りました。奈美は僕のバスタオルを剥ぐと、僕のモノを見つめていました。

手を触れないまま顔を近づけて、色んな角度で見渡した後、僕のモノの匂いを嗅ぎ始めました。その後、僕のモノを手で退かせて袋を嗅ぎ始めました。

いつもならここで大きくなっていたと思いますが、薬で僕の体は鈍くなっていてまだ大きくなりませんでした。しかし、突然奈美はモノを咥えました。

咥えたまま口の中で転がし、舌は亀頭の縁をなぞりました。僕のモノはむくむくと大きくなりました。

大きくなるのを見て、奈美の口は上下運動に変わりました。僕のモノが完全に大きくなると、奈美は僕の正面に回り、僕の足を開かせました。

そして下から袋を舐め始めました。僕は袋が弱く声を出しそうになりました。

奈美は袋を舐めたまま、モノの根元から更に延長線を辿るように肛門付近まで繋がっている内部のモノを指でなぞりました。僕は声を出さないように必死に堪えました。

奈美はそのままもう片方の手でモノ本体を握って上下させました。僕は腰が浮きそうになりました。

このまま続けられたら出るかもしれない、という時に奈美はそれらの動きをやめました。そして、再度僕の様子を確認すると「起きてる?」とはもう聞かず、黙って僕の上に跨り「ごめんね」と言い、自分の穴を僕のモノへと押し沈めました。

自分の奥まで沈めると彼女は「はぁぁ・・・」と深く息を吐き出しました。それ以上の大きさで僕は息を吐き出したかったです。

初めての生での挿入がこんなに気持ち良いものだと知らなかったからです。ゴムとは全然違う感触・温かさに驚きました。

奈美はしばらくゆっくりと出し入れしましたが、その度に奈美の穴の側面がモノに吸いついてきました。まるで本当に僕に早く射精させる為に動いているようでした。

奈美は一度奥深くまで腰を落とすと、僕の首の後ろに両手をやり僕の体に少し状態を預けました。その体勢から一気に動きを速めて出し入れしだしました。

彼女から出てきた液がチャッチャと音を立てました。奈美を息を荒くしていました。

耳元が彼女の息で温かかったです。彼女は小声で「あっ・・・」と言い、直後にビクンビクンと痙攣を始めました。

穴がきゅっと締まりました。彼女は僕の胸の上に頭を乗せ、呼吸を整えました。

もう終わったらどうしよう、と思っていると彼女は再び頭を上げ、更に激しい動きで挿入運動を始めました。更に手で僕の弱い袋を軽く摘みました。

僕は声も出そうになり、イキそうにもなり、必死に息を止めました。それでも彼女は動きを止めませんでした。

どんどんどんどん僕の射精感は高まっていき、もう我慢出来ない所まで来てしまいました。このままでは中出しになってしまうと思い、僕は必死に堪えましたがもう限界でした。

もう腕で退かそうと思いましたが、後ろ手が上手くほどけませんでした。それでも何とか諦めずに何か考えましたが、彼女は僕の上半身に腕を回し、後ろ手されている両手を押さえ付けました。

それで僕はもう諦めました。先にイッたのは彼女でした。

彼女は再び痙攣をし、僕のモノを一番深く入れたまま僕の体に倒れました。その痙攣に僕はイキました。

ビュ、という音が聞こえるくらいの凄い勢いで、僕は彼女の一番奥で射精を繰り返しました。

「あぁぁ」と彼女は高い鳴き声を出しました。

彼女の穴は僕の出す精子を絞り上げるように動いていました。僕が全てを出し終えるのに8回程のピストンがあったとは思いますが、それらを全て終えても彼女はまだ僕のモノを奥深くに挿し込んだまま、僕の上体にもたれていました。

僕が不安になるくらい彼女はその状態を続けました。5分くらいは経っていたと思います。

ようやく彼女はゆっくりと僕のモノを抜きました。僕から見ても簡単に分かる程、彼女の穴から僕の下腹部へ精子が垂れてきました。

彼女は僕の腹の上で跨ったまま自分の穴を手で押えていましたが、やがて諦めるように手を外しました。彼女の穴から僕のお腹へゆっくりとたくさんの精子が垂れてきました。

精子が出終わると彼女は僕の横に移動しました。何をするかと思ったら、彼女は僕のお腹にプールの様に溜まった精子を舌で舐め取り始めました。

時折じゅるっという音を立てながら彼女は僕の精子を口に吸い入れました。ある程度吸い取ると、丁寧にお腹を舐め上げて綺麗にしました。

そして、モノを口に含むと尿道管から指で押し上げ、残った精子をポンプの様に吸い上げました。陰毛に付着した精子も舐めていました。

ただ、僕のモノはその吸い取りの刺激でまた大きくなってしまいました。彼女はそれを見ると自分のカバンの方へ行き、何やら探し出しました。

暗くてハッキリとは見えませんでしたが、恐らくカメラのフィルムケースの様なものでした。そこからは少し怖かったです。

彼女はまるで僕をイカせる為だけの様な動きで、僕のモノを手コキし始めました。そして刺激が足りないと思ったのか、袋や肛門など色んなところを舐め始めました。

もちろんその間も手の動きは止まりませんでした。やがて僕がイキそうになった事を気付いたらしく、僕の射精口に先程のフィルムケースを宛てがいました。

僕は精子を採取されるのだと知りました。彼女の手の動きは一段と速くなりました。

やがて僕は2度目の射精をしました。彼女は痙攣する僕のモノを手で押え付け、上手くケースに収めようとしていました。

僕の射精が終わると、彼女はフィルムケースを僕から離し、大事に扱って蓋をきゅっと絞めました。ケースをカバンにしまうと彼女は先程の様に僕のモノを絞り出し、精子を吸い上げました。

その日以来、彼女とはしばらく連絡を取らず、次に会ったのは年末でした。旦那が年末年始は出張の仕事だそうです。

この時、彼女は僕に頭を下げて「お願い、精子を下さい」と言いました。その時もフィルムケースを持ってきていました。

今度は一番新鮮な精子を彼女に採取されました。何に使うんだ?と聞くと、口に含んで舌で転がしたり飲んだりするそうです。

彼女は「今度会う時は一週間くらいオナニーしないでね」と言って帰っていきました。




メルパラ
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

ちょw彼女がラブホのSM部屋で磔の刑に処されているんだが、どういうことだコラ!

丁度、昨年の夏頃にあった出来事を書きます。初めてなので、皆さんお手柔らかに。

僕とA子(当時の彼女)B美あとはC・D・Eの男3人、計6人で飲んでいました。以前に二度程、こうした飲み会はあったので、誰も気兼ねなどすることなく普通に乾杯で始まりました。

僕とC・D・Eの4人は昔からの友人で、彼女のA子とB美は二人ともC男の同僚でした。初めて会ったときから、僕は(他の友人らもきっと)A子を気に入りました。

きっとC男もA子を狙っていた為にセッティングしたのだと思います。A子は顔がとても小さく、眼がぱっちりとした可愛い系といった感じです。

藤本美貴似だと言っても、過言ではないと思っています。胸が大きい上、身体全体の肉付きがよく(といっても決して太ってはいない)、服の上からでも身体は実に色っぽかったです。

同僚のB美は、A子の会社では後輩でしたが年齢は2つ上で色黒のスレンダーといった感じです。僕とA子は二回目の飲み会で、アドレスを交換し翌日には二人だけで食事に行きました。

そこでA子の気持ちを聞き、僕は迷うことなく即答しこの日から付き合うことになりました。それから一ヶ月経たないうちに、今回の飲み会となりました。

まだA子は同僚のB美にさえ、僕と付き合っていることを話してはいませんでした。僕もC男を始めとする友人らにはまだ話していません(間もなかったので)。

そんなうちに飲み会が始まり、お互い目配せで合図したりと非常に心地よかったのでそのままにしておきました。僕はお酒が強いわけでも好きなわけでもなく、いつも付き合い程度飲んでいました。

二時間程経ち、皆ホロ酔い加減で居酒屋を出ました。(E男は既に泥酔しており僕とC男とで肩を支えてやっと歩ける状態でした)これからどうする?と言う事になりましたが、A子は僕の顔を見るので「まだ大丈夫だよね?」と言ってしまいました。

A子は「うん」と頷いてくれ、B美もA子がいるのならといった感じでもう一軒行くことになりました。とりあえずE男を帰そうとしたのですが、泥酔のE男は聞き入れません。

しかし、このままE男を次のお店に連れて行く気には誰もならず、D男が「仕方無い、コンビニで酒や食糧大量に買い込んで、皆でラブホ飲みするか~」と提案しました。彼女のA子にB美も、ラブホと言う響きに抵抗はあったようですが、E男の状態に加え皆いるし仲間のような雰囲気になっていたので、変に断る様子もなく決定しました。

僕もこの時は特別抵抗も無く、これだけの人数で一部屋に入れるのかな?などと暢気なことを考えていました。歩いて10分くらいで、一軒のラブホに到着しました。

入った途端、独特の雰囲気に飲まれ、皆無言となりました。無事二つの部屋をとり、眠くなったら男と女に分かれよう!と言う事になりました。

酔って歩いたせいかクタクタになり、初めから分かれてしまおうと男女分かれました。男四人で入ったその部屋は、なんとSM部屋でした。

僕は生まれて初めてSM部屋に入り(他の友人らもそうだったと思う)、ただただ周りを眺めるばかりでした。するとC男がB美に「おいこっちは凄いぞ!SM部屋だ~面白いものが一杯あるぞ」などと電話していました。

B美も興味が湧いたらしく、「見たい!」と言いだし「それならこっちに来れば?」と・・・。案内にC男が部屋を出て、A子とB美二人とも、このSM部屋に招き入れてしまいました。

即効でフロントから電話が鳴り、C男が交渉し追加料金を払うことでまとめました。部屋では、お酒どころではなくなり、大して広くも無いその部屋を各自探索しまくっていました。

C男がB美に「ほらここに手を置いてごらん。どんな気分になるんだろう?」レンガ調の壁にあるXの木の板に手械足枷を見つけ言いました。

手械足枷は、革でもビニールでもないモノをベルトで止めるタイプでした。

「ほらほら」とC男が笑いながら言い、B美は「えぇ~」と言い合うのを一同爆笑して見ていました。

あっさりとB美は両手に手械をはめられ、万歳の格好になりました。白いブラウスにジーパンといった、一見色気とは無縁のような格好ですが両手に手械があり身動き取れない・・・といった姿は、とんでもないくらい興奮しました。

すると、C男は「俺、知~らない」と僕らのいるベッドに来て、一緒に飲むような仕草をしました。B美は「嫌だ~外してよ~」と笑って言い、僕らもA子も笑っていました。

C男は「そうだなぁ~言う事聞いたら外してやるよ~。そうだ!酒一気飲み!!」と自分用に買ったワンカップの蓋を空けました。

B美の「じゃあ少しだけで勘弁してよ」という言葉を受け、C男はB美の口にワンカップを口付けました。両手の自由を奪われ、ごくっと飲むB美の喉越しがとても色っぽく感じられました。

それでもC男は止めず、どんどんワンカップの角度を上げてゆきます。こぼれ出し、C男はさすがに止めました。

それでも半分くらいは飲んだでしょう。残りの半分はC男が一気に飲み干しました。

B美が手械をされ、上着を日本酒で濡らしている様子に、D男はかなり興奮したようです。D男は「お~れも」と言い、飲んでいたチュウハイの缶を持ち手械をされているB美に近づきました。

僕も欲求が沸点にまで到達していましたが、A子の手前、苦笑いし酒を飲み続けることで誤魔化すのが精一杯でした。B美は顎の辺りから、ポタポタと日本酒を垂らしながら「もうさっき飲んだじゃ~ん外してよ~」手前まで来たD男に言いましたが、D男はもう聞く耳を持っていないようで、「では」と言ったが早いか、チュウハイの口をB美の口に付け、流し込み始めました。

B美はジュースと勘違いしたかのように、さっき以上にこぼしながらゴクゴクと飲み続けました。お陰でカーペットは勿論、B美の服はジーパンの辺りまで濡れてしまっています。

上着のブラウスは所々透け、濃いブルーのブラジャーがくっきりと浮き上がりました。B美は咽たようで、咳をし始めたので、D男は少しの間手を止めてから「また、は~いまだいっぱいあるよ~」とチュウハイをB美の口に近づけると、なんとB美は自分から飲まされ易いように、口を開け首を上に向けていました。

D男は容赦なく、しかしこぼさないよう丁寧にB美の口にチューハイを注いでいます。ゴクゴクとB美が両手万歳の格好で上を向き飲み続けます。

顎から喉のラインが実に、妖艶な活動をしています。チューハイも飲み終わりD男が戻ってくると、既にB美はぶら~んと、手械だけで立っている状態でした。

当たり前ですが、B美はかなり酔ったようです。A子は少し呆然としていましたが、その時B美が「トイレェェ~」と言い出しました。

C男はすかさず「どうしようかなぁ~。でもここで漏らされても困るしなぁ~」とニタニタしています。

他の皆も、A子以外はきっとニタニタ顔だったでしょう。C男は「よし!じゃあB美がトイレ行っている間、A子が代わりに張り付けの刑だ!!A子が嫌だと言ったらダメ~」一瞬えっ!?と思いましたが、普段お酒を飲まない僕はかなり飲んだ為に、このまま楽に横になっていたい。

そう身体が訴えており、頭もボーッとして何かフワフワな状態でした。B美は「A子お願い~漏れちゃう~ホントにホントにお願いだよ~」A子は「えぇ~!?でもお酒は飲めないからね。ただ少し待っていれば良いだけだよね!?」と、困りきった表情でC男に言いました。

C男は「絶対に大丈夫、B美が戻ったら直ぐに開放するからさ」と、B美に聞こえないよう囁きました。A子が観念しB美の元に近づきました。

C男はこの時、B美の片方の手械を外すと、A子の片方に手械をするというようにしていました。やがてA子が独り、万歳の格好になりました。

B美は我慢できない様子でトイレへ駆け込みました。するとC男はA子の足にも、足枷をはめました。

A子は「えっ何!?」と言いましたが、C男は「だって身代わりだもん、両手両足だよ」とA子の両足に足枷をはめてしまいました。A子はB美とは違い、デニムのミニスカートなのでC男が屈めば直ぐに下着は丸見えです。

A子は、完全にXの木板に身動きが取れないようになってしまいました。

「ホントに直ぐ離してね」とA子は懇願しています。

僕は、この状況を何とかしなければと思いますが、身体が思うように動きません。でも意識があるのに助けなかったのでは、後でA子に合わす顔もありません。

もうヤケクソで寝たふりを決め込むことにしました。C男はその間に、最初に見つけた目隠しをA子に付けました。

「暗い~怖いって。ねぇ外してよ」するとB美がトイレから出てきて、C男に「もうホントに漏れるところだったんだから~」するとA子の様子に気づき「あっA子、いい格好じゃない~!ふぅー」などと叫びながらA子の胸を鷲掴みました。

A子は「ちょっと止めてよ~B美もう酔っ払い過ぎよ。C男君、約束だから外して」するとB美は「ダメ~。このままで、い・い・の」C男は唖然としていると、B美は「だってA子、さっき私が困っている時助けてくれなかったじゃない~。私、すんごい飲まされたんだから~」A子は「代わってあげたじゃない」と言い返しますが「ダメ~もう遅い」と笑い始めました。

B美は完全に泥酔状態です。次の瞬間、B美はA子の水色のニットを捲くりあげました。

A子は胸が大きいとは思っていましたが、予想以上に大きい白のブラジャーが眩しく視界に入りました。B美はそれでは飽き足らないのか、その白いブラジャーを下そうと、B美の手がA子の白いブラジャーを下すまさにその瞬間、A子は「あっっ」と吐息のような声を漏らし、瞬間赤ら顔になり俯きました。

A子の薄ピンク色の乳首が露になり、初めて見るA子の乳首に、発射寸前にまで興奮していました。A子は下を向いたままですが、両手万歳両足も開いている状態でニットが上に捲くられ、ブラジャーは下され乳首も露になっています。

ニットとブラジャーに挟まれ余計にA子の胸は、はち切れんばかりになって見えます。その状況ではC男D男E男は堪りません。

E男は必死に僕を起こそうとしていましたが、僕は寝たふりに徹しました。D男はE男に「寝ているヤツは寝かせておけよ」とE男を制止しました。

三人の男はもう、酒どころではありません。ギラギラとした目つきで、A子の露になった上半身を眺めています。

「ホント謝るからB美ちゃん、止めて。C男君、早くこれ外してよ」目隠しをされているせいか、あちこちに顔を向けます。

「ほらほらA子って胸、おっきいよね~。男の人ってやっぱり胸が大きい子が好き?」と、B美は手のひらで、A子の乳首をころころと転がし始めました。

B美はA子のスポットを見つけたらしく、笑みを浮かべ得意げに手のひらで乳首を転がしています。A子は俯いたままでしたが、やがて「うっ」と小さく声が漏れ出しました。

B美の手のひらに感じ始めたようです。B美はさらに調子に乗り、さっきよりも激しく動かしています。

それまで俯いていたA子の頭がやがて小さく揺れ始め、頭が上がった瞬間、額にほんのり汗を浮かべ、うっとりとしているA子の表情が頬にベタついた髪の隙間から確認できました。

「あれっ、A子感じているじゃん」とD男が囁くと、C男とE男がクスクス笑いました。

その小さな笑い声が聞こえた瞬間、A子は全身をビクっとさせ、さらに声が大きくなり「あっあぁぁ」今度は全身が揺れていました。B美は「もう濡れているんじゃないの~?」と今度はデニムのスカートを捲くり始めました。

しかしデニム生地は上手く捲れないようで、B美はなんとA子の腰に手を回しスカートのフックを外し、チャックを下すような仕草をしました。次の瞬間、バサッとA子のデニムのスカートは滑り落ち、A子白い下着が露になりました。

しかも足枷により足を開いている為、不恰好な状態に脱げそれがいっそ卑猥に見えました。A子は「はぁぁ」と息使いが荒くなっています。

すると、我慢しきれなくなったD男が、「ど~うれ、濡れているのか確認してみようか」C男E男は、もはや笑ってはいません。B美は「もう絶対濡れているに決まっているよ~。きっと凄いことになっているよ。ねっ、A子」そう問い掛けるとA子はまた「はぁぁぁ」と一段と大きな声を発しました。

B美は「何か段々面白くなってきちゃった」と本気で楽しんでいる様子です。気がつくとA子の周りには、B美は勿論のことC男D男E男の四人が囲んでいます。

すると、E男が急にしゃがみだし、何やらゴソゴソと始めました。E男は足枷を外していたのでした。

E男が両方の足枷を外し、A子の足を揃えるとA子の穿いていたデニムのスカートがカーペットに滑り落ちました。今度はYの字になっているA子に、E男はついに下着の上からアソコをタッチしました。

瞬間ビクンとA子の全身が強烈に波打ったように見えました。B美は「おろしちゃえおろしちゃえ」と笑いながら急かしています。

E男は「この木綿のパンツが良いんだよな~」と言い、下着のラインを舐め始めました。いつの間にかD男は、A子の乳首を吸い付くように舐めていました。

C男の「もう乳首コリコリに立っているじゃん」の一言で、A子はまた小さくビクンとしました。E男はA子のアソコを下着の上から、ちゅうちゅうと音を立てて吸い付いています。

「うぶっ」とA子の声が聞こえたと思ったら、C男がA子にキスをしていました。C男が口を離しまた口付けようとすると、A子は待っているかのように口を大きく開け舌を出し濃厚なディープキスをしていました。

B美は「ねぇ、こんなのもあるよ」とローターらしきモノを取り上げました。

「お~お、これは良いものを見つけたね~」とC男がそのローターらしきモノの電源を入れました。

ブ~ンンと機械的な音が聞こえ始め、やがてC男はそれをA子の耳元にもってゆきました。B美は「A子、これなんの音かわかる~?」と聞きますが、A子は答えず顔を横にします。

C男はそれをA子の首筋にあてた瞬間、A子の身体はビクンと揺れました。C男はそのまま、胸の辺りまでゆっくりと這うようにA子の身体に沿わせました。

するとA子の首筋は後ろ反りはじめ、やがて身体全体が後ろに反り始めました。

「もう超~感じているじゃん」とB美がはしゃいで言うと、A子は、もはやその言葉にすら身体が反応してしまっているようでした。

C男は胸のところで円を描くようにしながら、だんだんと円を小さくしていき、最後にそれが乳首に達すると、A子は「くっっっ」と声を出し、体をよじりました。C男は左右の乳首を弄ぶと、それを下の方へと移動させます。

B美は「さぁ次はどこかなぁ」と言いながら、A子のパンツに手をかけようとしました。A子は「ぃやぁぁ」と声を漏らし、体を捩じらせます。

このままだとホントにヤバいと感じた僕は、いちかばちか、少し大きめの寝言という感じで「A子」と言ってみました。すると、その声にA子は「おはようくん・・・」と返事してきました。

僕は今だと思い、たった今目覚めたふりをして体を起こしました。

「みんな、何してんだ。やめてくれよ」そう言いながら、僕は何とかA子の方に近づきました。

まだお酒が残ってキツかったのですが、寝たふりしている間に少しは回復したようです。僕はみんなが固まっているうちにA子のところに行くと、A子のニットを下ろしてから、みんなに「黙っててごめん。俺たち付き合いだしたんだ」と告白しました。

A子が「おはようくん」と少し安心した声で答えます。C男は「何だよ、知ってたらこんなことしなかったのに」とバツが悪そうです。

D男、E男も口々に謝ってきました。B美も「ちょっとヤリすぎたかな。A子、ゴメンね」と言いました。

僕は、いいよいいよと言いながら、A子のニットに手を入れてブラジャーを上げ、デニムをはかせてから、手枷を外し、最後に目隠しを外しました。A子はみんなの顔を見回しました。

みんなは少し申し訳なさそうな顔をしていました。最後に、横にいた僕の顔を見ると、緊張の糸が切れたのか泣きながら僕に抱きついてきました。

僕は優しくA子の頭をなでてあげました。こんなことがありましたが、今でもこのメンツで仲良く飲んだりします。

誰もこの日のことには触れようとしません。僕も寝たふりがばれるとまずいので、もちろん一言も口に出しません。

そして、僕は今もA子と付き合っています。しいて言うと、このことがあったおかげでエッチし易いかなと思います。

それから、ときどきエッチのときに目隠しを使ったりしています(笑)



ミントC!Jメール
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト