スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術の先生が素敵で、彼に初めてを捧げたときの気持ちと快感の体験談

私の初めての人は高校の美術の先生でした。10年前のことなのできっと美化してる部分もあると思いますが許して下さいね。

私の通っていた高校では美術は1、2年生の時選択科目でした。美術は他の科目より人気がなかった様で生徒数が少なく、また、もともと私自身先生受けが良く、S先生も私の事をすぐに覚えてくれた様でした。

その頃S先生は20代後半、美術教師らしくおしゃれでカッコよかったので女生徒に密かに人気がありました。しかしS先生は担任を持っていなく、なおかつあまり生徒と交流を持つタイプでもありませんでした。

そんなS先生に「ももか、ももか」と名前を呼び捨てにされていて当時の私はかなり優越感を持ってました。通っていた高校は進学校でしたので「図書室が混んでて勉強出来ない」と口実を作って1年の終わり頃から美術準備室で勉強する様になりました。

美術準備室は3棟ある校舎の一番端のそのまた1階の一番端、さらに他の棟への行き来は2階からしか出来ないという場所の為、用事が無い人間は全く近寄ることがありませんでした。何度か準備室に通ううちS先生が私の為に紅茶を用意してくれていました。

それまでは先生のコーヒーをねだってミルクと砂糖を大量に入れて無理して飲んでいたので、私が先生にとって特別な存在になった気がして、それまでは単なる憧れだったのが「好き」という感情に変わって行きました。私は性に関する知識はばりばりあったのですが、子どもだったことと、まじめな進学校でまわりの友達も未経験者ばかりだったこともあって、時々甘えて手を握ったり子どもっぽく後ろから抱き付いたりしましたが、それ以上は特に進展もなく2年生に進級しました。

私の学校は2年で修学旅行があり、その前にいきなりカップルがたくさん誕生していました。私も3人に告白されたのですが、断りました。

そのせいで私が実は彼氏がいて、その相手は学年でも人気のある加藤君だという噂になってしまいました。後々加藤君とはつきあうのですが、その当時はもともとお互いの家が30秒位しか離れていない小中高と一緒の幼馴染みで、兄弟みたいな感情しか持っていませんでした。

そんな噂があった頃、いつもの様に美術準備室で勉強していました。休憩でS先生が入れてくれた紅茶を飲んでいると突然先生が聞いてきました。

「加藤と付き合ってるんだって?」

「え、なんで先生知ってんの!?」

「噂で・・・」生徒の個人的なことには無関心なS先生が私の噂を気にしている!!!そう思った瞬間凄く幸せな気持ちになりました。

「ううん、付き合ってなんかいないよ。だってももかはS先生が好きなんだもん」じっと先生の目をみつめ先生の手に触れながら告白したのです。

先生は凄く驚いてみつめ返していましたが、私が真剣なのがわかったのか、優しく微笑み抱き寄せて「先生もだよ・・・」とキスをしてきました。感激と初めての唇の感触にうっとりして「初めてが先生でうれしい・・・」と言うと、更に強く抱き締め舌を入れてきました。

舌の感触も初めてでそのとろける様な気持ち良さびっくりしましたが、私も先生のしてる様に舌を動かしました。ねっとりとからめたり、歯や上顎をなぞったり、強く吸ったり、優しく噛んだり・・・段々私のアソコが熱を放ち痛い位にじんじんしてきました。

触れなくてもびしゃびしゃになっているのがわかります。足がガクガクしてたっていられなくなって先生にしがみつきました。

その時、お腹に熱くて堅いものを感じました。服の上からですが、初めてみる勃起に更に興奮しました。

立っていられなくなった私を椅子に座らせ、落ち着かせようと先生が体を離したので、首にしがみつきアソコを先生の膝に押しつけました。

「いや、いや、もっともっとぉ・・・」布越しですが私のアソコの熱が先生にも伝わった様です。

先生の股間がびくんとより大きくなったのがはっきりとみえました。先生は私を抱きかかえると美術準備室の更に奥の資料倉庫室につれていき棚の上に座らせました。

そして美術準備室の全ての鍵をかけて戻ってきました。資料室の鍵を後ろ手で締めながら先生が近寄ります。

私はブレザーを脱ぎ抱き付きキスしました。体を密着しているのでお互いの股間の熱を感じています。

普段クールでカッコいいS先生からは想像出来ない熱さです。先生はブラウスの上から胸を触り始めました。

私は身長150センチ体重40キロのちびですが、その頃すでにDカップありました。既にキスで乳首はビンビンにたっていました。

「先生、ブラジャーに擦れて痛い・・・」

「ごめん、無理しちゃった?」

「ううん、もっと触って欲しい・・・だから・・・」先生は私の首のリボンとブラウスのボタンをゆっくり外しました。乳首がたっているのがブラジャー越しでもわかります。

先生は乳首を指の股で挟むように優しく揉み始めました。そしてホックを外し直接オッパイにふれました。

「すごい、手にあまっちゃうね」と言いながら先生はオッパイを円を描く様に揉みました。乳首を摘んだり時々ぎゅうっと握ったりしました。

そして唇から首、鎖骨へ下りてゆきとうとう乳首へキスしました。先生は優しく唇ではむはむ舌でころころ愛撫します。

「あはぁ・・・んんっイヤぁぁ」いつのまにか気持ち良さで私はすすり泣いていました。S先生の息遣いも荒くなっています。

そしてとうとうアソコに先生の手が伸びてきました。自分でもはっきり分かる程アソコは濡れていました。

パンティ越しに先生の指が触れると反射的に足を閉じてしまいました。

「・・・イヤだった?」

「ううん・・・あたし凄くいやらしい・・・自分が恥ずかしい・・・」

「俺は凄くうれしいよ。ももかが感じてて・・・。でも辛かったらここでやめよう」と優しく抱き寄せキスしてくれました。

(これ以降、二人きりの時には自分の事を“先生“と言わなくなりました)「ううん、やめちゃイヤ。行けるとこまでいく!!」自分でもはっきり分かる程アソコは濡れていました。

パンティ越しに先生の指が触れると反射的に足を閉じてしまいました。なぞるうちに段々私のアソコからぴちゃぴちゃといやらしい音がし始めました。

「あぁん・・・あぁん・・・先生気持ちいいよぉ・・・」私も先生の指が気持ち良くなってきてたまらず声がでました。

「あたし・・・初めての人は先生じゃなきゃイヤ・・・」オマンコをいじられながら先生の耳元で喘ぐように囁きました。

S先生は私をじっとみつめると「俺がももかの処女をもらう。だけどここじゃだめだ、初めてはちゃんとしたところでしよう」先生の言葉で私の体を痺れる様なショックが走り初めてイキました。

初めてイッタ時の事はあまり良く覚えていないのですが、後日S先生が言うにはもの凄い力でしがみついてきて、指はまだ入口付近にあったにも関わらずきゅうんっと締まるのが分かった。同時に体がびくんと硬直したのちいきなりゆるゆると力が抜けて慌てて抱き直したそうです。

私はしばらくぐったり惚けていましたが先生は私の意識がはっきりするまで待っていました。段々私がしっかりしてくるとまたキスをしながらアソコに指で愛撫し始めました。

また私のアソコからいやらしい液が溢れてきました。いじられてクリが固くなっているのがわかります。

乳首以外にも固くなるところがあるんだ~と妙な感動をしているとゆっくり先生の中指が私の中に入ってきました。かなり濡れていたのですが、あまりの激痛に「うぅ・・・」と呻いてしまいました。

「痛い?大丈夫?」

「うん・・・まだ頑張れる・・・慣れたら痛くなくなるんだよね?」指一本でこんなに痛かったら先生のコレ一生入れられない!そんなのヤダ!と思い必死に痛みに堪えました。先生もキスしたり「ももかの中凄くぬるぬるしてて気持ちよさそう・・・ホントはもう挿れたいよ」などとわざといやらしい事を言って痛みを紛らわそうとしてくれました。

先生はとてもゆっくり優しく指を出し入れしましたが、激痛で私のアソコはすっかり乾いてしまいました。まだ大丈夫!と言う私を先生は抱き寄せ「段々慣らしていけばいいんだから・・・」となだめ、唾液と愛液で汚れた私の体をキレイに拭いてくれました。



ミントC!Jメール
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング

テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

高校時代にバカやってた女友達と練習試合をやった結果、汗くさーい感じになってきて

俺が彼女に振られて、ちょいへこみ気味の時に高校の友達(女)と飲みに行ったんだよね。向こうには、彼氏がいて。

飲みの話題は、他愛もない話→彼の話と移っていき、ボソっと「彼は昔やんちゃしてた男だから、前戯とかほとんど無しに『つっこんでいったら終わりが男ってもんだ!』みたいなの」って愚痴をこぼして。男は彼しか知らないけど、結構長く付き合っていてもう二人とも就職して、このままだと私、女の悦び知らないまま一生を過ごすのかな、的な事を言った。

そうしたら、俺が教えてやる、って発想になるよな?相手は、好きでもないただの友達であったとしても。要は、その友達と飲んでた時にそういう話になりじゃあ、俺がって思ったわけですよ。

で、わざと電車がなくなる時間まで時計に気がつかないふりをして飲み倒し、そろそろ行こうか、あれ電車がないぞ、と。で、ホテル泊まろうか、と持って行く。

相手は、さっぱりした性格で、いいけど、何もしないよ、と。で、シャワーは浴びるがもと着てた服をまた着直した形でベッドイン。

キスを迫るもかわされ、首やほっぺにしかキス出来ない形でちょこちょこと他愛のない話をする。

「私にも選ぶ権利がある」まで言われる始末・・・orzで、流れで腕枕をすると友達が「うーん。こうしてると落ち着く」って。

これが俺の別れたばっかりの彼女と同じ事いうもんだから、うっわーってなる俺。腕を抜いて、反対を向く。

それに対して友達が「ごめんごめん」って慰めながら、覆い被さるようにしてきたところ急反転、攻撃開始。がばっと唇を奪うことに成功。

相手が特に嫌がる素振りも見せないのでそのまま、舌を入れ絡ませる。口を塞いだまま、服の上から体をなで回し、唇を耳、首筋と這わせる。

そして、左手でベルトをはずそうとすると「それはダメ」と断固拒否。しょうがないので、もう一度キスをたっぷりしようとすると今度は拒否されることがなくなった。

また、舌を絡ませながら上半身を脱がせていく。少々強引に上半身を裸にすると、大きな胸。

今まで見た中で一番大きかったな。

「ずいぶんと豊かな胸だね」と言うと、「会社の更衣室でもよく先輩とかに言われる」と。

胸を揉み、その柔らかさを堪能すると共に乳首を舐め始める。感じ始めているのがわかる。

ベルトは先ほど拒否されたので、胸の愛撫をたっぷりと続けながら、自分も上半身を脱ぎ「肌と肌を合わせるのが好きなんだ」って抱きしめながら、またキスをする。そのまま、うつ伏せになってもらい、背中に舌を這わせる。

相手がぴくんって反応し始める。

「背中が感じるんだね」って言うと「うん。初めて知った」って。

腰の辺りから首筋まで背骨に沿って一気に舐めあげ、そのままうなじにキスをすると、声を漏らし始めた。いける、と判断した俺は、また仰向けにして乳首を吸いながら、ベルトに手をかけた。

抵抗しない!そのままベルトを外し、パンツを脱がせると自分のジーンズを脱ぐ。お互い下着1枚のみとなった体を重ね、肌と肌がすり合う感触を味わう。

キスをして胸を揉みながら、必要以上に足と足を擦り合わせ膝を局部に当てるように動かす。相手は、初めての快感に酔い始めている。

唇を鎖骨から胸、乳首、そして脇腹から太ももへと移動させる。下着に手をかけてゆっくりとおろし始める。

相手は腰を上げ、脱がせるのを手伝ってくれる。ついに、相手は全裸になった。

とりあえず、下着で隠れていたところにキスを始める。敏感なところの周りから、徐々に中心に向かって。

クリの辺りを舐め回すと体を反らせながらあえぎ声を上げる。友達のこういう姿って想像したことないから、妙に新鮮でこっちもびっくりするよね。

気持ちよさそうにする相手に対して「気持ちいい?SEXってこういうものだよ」と言うと「うん。気持ちいい・・・」と答える。

我慢出来ない俺は、トランクスを脱いで全裸に。全裸の状態でクンニを続ける。

「気持ちよかったら、素直に気持ちいいことを全身で表現していいよ」って伝える。相手がちゃんと反応してくれないと、どこが気持ちいいかわからないものね。

相手が十分感じ始めて、濡らし、体を反らせるようになる。開いた足の間に体を入れ、いれたくてうずうずしている自分のものを相手の濡れた部分に押し当てながら、乳首を舐める。

そして、「もう、全裸で俺のと◯◯の間には何もないよ。どうする?」と聞くと、「ゴムつけて・・・そこにあるから」って言う。

ホテルはよく来るようだ。そして、ゴム装着。

すんなりと挿入。見たことのない友達の姿に興奮しながら、正常位のまま腰を前後させる。

完全に感じ始めた彼女は、俺にしがみついてくる。そのまま、フィニッシュ。

1回戦が終了の後、「今度は俺を気持ちよくしてよ」と言うと、「あまりしたことないから教えて」と言い出す。そして、髪の毛をゴムで縛り出す・・・。

なんだ、そのやる気は?と思いつつ、「じゃあ、俺がやったみたく、首筋から全身に舌を這わせて」とお願いし、「男も乳首は感じるんだよ」というと素直に首筋から乳首、そしておへそ下腹部へとキスをし、舐めていく。フェラはあまりうまくなかったが、気持ちいいところを教えているとまたギンギンになった。

「舐めあいっこしようよ」と言い、69に持ち込むとまたまたあえぎ始める彼女。しかし、今度は自分の番と気合いが入っているので口を休めることがない。

それでは、面白くないのでクリの部分を舐めあげながら、指を入れて動かすことにした。初めての事に悶える彼女。

フェラしていた時に添えていた左手で俺のものを掴んだままあえぎ声を上げ、右手でシーツを掴み、目をつぶり頭を垂れる彼女。そして、驚いたのが次の瞬間。

薄っすらと目を開けた彼女は、掴んだ俺のも見つめながら「早くこれを挿れて・・・」と言った。興奮した。

今度は後ろからしてみることにした。ゆっくりと俺のを射し込む。

背中を反らせ、あごをあげて感じる彼女。

「ああ、気持ちいい・・・」彼女が知らなかった女の悦びというものに染まっていく様を感じながら後ろから突きながら、大きな胸を再び両手で堪能する。

しかしながら、自分の未熟さから両手で胸を堪能しているとうまくつけないので、再び腰に手を戻し、時々深く突く。背中が感じることを思い出し、背中にキスをしながら突いていると、再び絶頂感が。

相手も今までにない、乱れ方と共に絶頂へ。話を聞いた感じ、初めていったようだった。

バックからが気持ちいいと。少し激しくされる方が気持ちいい模様。

そんな開発をしながら、半年くらいだったかな何回も体を重ねてしまった。今は二人とも結婚して、飲みに行ってもそんなことは全くしないけどね。

女友達とは、「練習試合」と言ってます。お互い研究熱心なので・・・。


ハッピーメールバナー

ハッピーメール
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング

テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

部活で遠征に行くことになって、泊まった温泉旅館の混浴に入ったときの話

私は女子高で30人くらいの吹奏楽部だったんですが、女の部活は何故かエッチな事を思いつく子が多いんですよね。部活の遠征で旅館に泊まったとき、そこの旅館には女湯の他に混浴があったんです。

若気の至りだったのか、いつも盛り上げ役的な3年生の先輩2人に誘われて、当時2年の私と1年の後輩も行く羽目になってしまいました。私とその後輩は、今で言う新垣里沙ちゃんを劣化させた感じの童顔で、どっちかと言えば聞き役タイプでした。

バスタオルで隠していいと書いてあったんですが、先輩がまたエッチな提案を・・・。ジャンケンで負けた1人だけ、何も持たずに先に1人で行くということになり、なんと1年の子が負けちゃいました。

そしたらその1年の子が半泣きになっちゃって、先輩命令で私が代わりに行くことになりました。仕方なく着ていたジャージを脱いで裸になり、先輩たちの視線に促され何も持たずに渋々中に入りました。

中はいきなり露天で、少し広めの浴槽が1つドーンとあるだけでした。・・・が、なんか土建っぽい太った黒いオジサンが10人くらい居たんです。

私は童顔な上に身長が160cmくらいだったので、すぐ今泊まりに来てる高校の生徒だとバレてしまいました。顔と身長の割に胸だけはDくらいあったんで、完全に全裸で何も持たずに入ってきた高校生にオジサンたちはなんか盛り上がってました。

体を洗う場所も無いので、「失礼します・・・」と言ってお風呂に入りました。オジサン10人に女子高生1人が裸でお風呂に入ってるんです。

私は恥ずかしくて恥ずかしくて、先輩たちが来るのをひたすら祈ってたんですが、なかなか来ないんです。そのうちにオジサンたちが私に話し掛けながら近寄ってきて、気付いたら何となく囲まれてしまいました。

だんだんオジサンの発言も、「可愛いね」とか「罰ゲームかい」みたいのから、「おっぱい大きいね」

「真面目そうなのにエッチなんだ」みたくなり、肩に腕を回してくる人も出てきました。怖いのと恥ずかしいのと、もともとノーが言えない性格だったので、事もあろうか肩を回してきたオジサンに寄っ掛かってしまったんです。

それを見た周りのオジサンが一斉に私の体を触り始めました。おっぱいやマンコも関係無く次々に触られて、誰かが私の手に男のアレを握らせたんです。

「これ、わかるよね」って言われて、頭がバカになってたのか私は「はい」と答えてしまいました。私はそのオジサンにだっこされる感じで持ち上げられました。

ここまでされても、感じやすかった私は何も抵抗しませんでした。オジサンのアレがマンコに当たって、ようやく危険に気づいて少し暴れました。

するとオジサンたちはムキになって私を湯船から上げて、床に仰向けに押さえつけました。やばいとは思っても、普段から静かな方なんで声が出ませんでした。

もうだめだと思ったとき、脱衣場の戸が開きました。先輩が来たんだと思いました。

でも、入ってきたのは部活の顧問(男)でした。先生は、オジサンたちから私を遠ざけてくれましたが、オジサンたちが「こんな格好で入ってくるなんてどんな教育してるんだ」とクレームがつきました。

先生が何度も頭を下げてくれたんですが、オジサンは収まりません。先生が「お前も謝れ」と言ってきて、私は裸でオジサンたちに土下座をしました。

先生はそのまま風呂に残り、私だけようやく脱衣場に戻ると、私の着替えがない代わりに、バスタオルとジュース1本とメモが置いてありました。

「おつかれ~!◯◯(私の名前)みたいな可愛い女子高生が脱いで頼めば誰か泊めてくれるよ~!がんば!!」え・・・。

お風呂にも戻れないし、とりあえずバスタオルを巻いてオドオドしてると、新たなお客さんが・・・。部活の副顧問でした(笑)私は先輩が怖かったので、事情がバレないように「今日だけ泊めてください」と言いました。

もう必死でした。先生も男ですから、バスタオル1枚の女子高生には理性を乱されてしまったみたいで、OKをもらえました。

そして、先生は温泉に入らずにバスタオル姿の私と部屋に戻りました。全裸突入から1時間以上経ってかなり遅い時間だったので、幸い誰にも見つからずに済みました。

あの時誰かに見られてたらたぶん先生クビでしたね^^;先生の部屋に着きましたが、布団は1枚しかありませんでしたし、女性用の下着もあるわけがありません。とりあえず部屋にあった浴衣を裸の上に着て、先生が入っている布団にお邪魔しました。

先生は腕枕をしてきて、私は当然のように頭を乗せて先生に寄り添いました。先生は私の浴衣を脱がせると、体を触りはじめました。

普通ならそのままセックスしちゃうんでしょうけど、やっぱり先生だったんですね、私を裸にして触るとこまではしたものの、「すまんかった」と言って寝てしまいました。私は安心というか申し訳ない気持ちになって、裸のまま先生に抱きついて寝ました。

次の朝早く、先輩の部屋に戻ったら鍵が開いてて、先輩たちがとても心配そうに出迎えてくれました。

「・・・結局どうしたの?」と聞かれて、まさか先生と寝たなんて言えないので、「何とかなりましたよ」と笑っておきました。

その後は普通の部活に戻ったんですが、私の裸を見た顧問や副顧問がそれについて何も言ってこなかったことを考えると、私の部活の先生たちは人間の出来た人たちで、運が良かったなぁと思いました。おわり!長くなってスミマセンm(__)mおまけ。

次の日、外で演奏があったんですが、ステージはお客さんの目線より少し高めで、一番前の席からはスカートの中が丸見えだったと思います。裏で待機中に顧問が向こうの方で団体さんに挨拶してるのが見えました。

あの土建風のオジサンたちです。演奏が始まり、最前列中央にはそのオジサンたちが座っていました。

・・・なるほど、私が出た後の露天風呂ではこういう話がされてたんですねぇ。他の子まで土建屋の犠牲になって、可哀想でした・・・。





ミントC!Jメール
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング

テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

放課後に友達としていた猥談。それが思わぬ方向に逸れていって、エッチなことに・・・

中○2年生(だったかな)の二学期、俺は美術係になった。美術の授業の終了後、使った道具の片付けや美術室の掃除をする係だ。

同じ美術係になったのは特に仲が良いわけでもなかったが、同じ美術係になってからそこそこ喋るようになったタカシと、普通の体型のミホコ、少し背が高くて大人っぽいユミコだった。俺のクラスの美術の時間は木曜日の5、6時間目。

何回か一緒に掃除をしたりしているうちに4人は仲良くなり、毎週の掃除のあと、美術準備室でおしゃべりするのが恒例となった。思春期真っ盛りの中坊が集まれば自然と猥談になり、お互いに普段は異性とは話せないような内容を話すようになった。

男は女子のうちの誰のオッパイが大きいかとか、誰がどんなブラやパンツをしているのかなんてことを女子2人に聞いたりしてた。一方、男が話すことと言ったら誰のチン毛がいっぱい生えてるとか、誰のチンポが剥けてるだとか。

最初のうちはなかなかお互いに自分自身のことは話さなかった。しかし時が過ぎ、10月に入る頃になると話の内容もだんだんディープになり、それまでは保健体育で習った知識しかなかった生理についてだとか、お○っこする時の詳しいことなんかも聞くようになった。

目の前にいるミホコやユミコのそんな話を聞いていると自然とチンポにも力が入ったものだった。その頃、学校では運動会が近づき、全校練習や学年合同体育などが増えたため、生徒は全員ジャージ登校する事になった。

そんなある木曜日、いつものように掃除のあと、準備室での猥談タイム。その日、タカシは「オッパイって触るとどんな感じ?」と女子2人に聞きだした。

ミホコ「ふにゃふにゃだよ」

タカシ「乳首触ると気持ちいいの?」

ミホコ「うーん、自分で触っても別に・・・」

俺はミホコが自分の乳首を弄っているところを想像して、チンポを膨らませていた。しかし今日はジャージのため、そのままでは膨らんだチンポを発見されてしまう。

そこで俺は足を組んでピンチを回避。・・・したつもりだった。

そんな俺の動きをタカシはめざとく捉えた。

タカシ「なに足組んでんだよ。勃起してんじゃねーの?」

俺「んなことねーよ」反論するもタカシは意地悪く、「じゃあ立ち上がってみろよ」とのたまう。

抵抗してもタカシは許してくれそうにない。女子2人も、「わー見てみたーい」などと囃し立てる。

このまま抵抗を続けてもみっともないし、気にすれば気にするほどチンポは収まりそうにない。どうせこの状況なら俺がチンポ立てているのは明らかにバレてる。

俺は意を決して立ち上がった。俺の股間には見事なピラミッド。

3人は大爆笑。女子2人は手を叩いて大喜び。

ユミコ「すごーい♪こんなふうになるんだー、初めて見たー」ユミコはさらに「生で見てみたい」などと言い出す。さすがにそれは嫌なので「お前らも見せてくれたらいいよ」と反撃。

その反撃は成功し、「それはやだぁー」と声を揃える女子2人。とりあえずその日は勃起話で盛り上がり、チンポ話をしているうちに俺のチンポも収まっていった。

美術準備室での話は他言無用との暗黙のルールが4人の間であったので、他の奴らに俺のボッキ話が広まることはなかった。運動会も目前に迫った翌週の木曜日、いつものように放課後の猥談。

その時はなんの話をしていたのかよく覚えていないが、俺のチンポはまたも膨張。俺も吹っ切れたもので、「立っちゃったー」と言って立ち上がり、3人の前にピラミッドを晒す。

ユミコは相変わらず、「生で見たい」と言うが、女子2人の裸を交換条件に抵抗。もちろん、そんな条件を女子2人が飲むわけもない。

俺達は4人でじゃんけんをして、一番負けた奴が教室に置きっぱなしの4人の鞄を取りに行くということもやっていた。その日、じゃんけんで負けたのはタカシ。

タカシは教室に鞄を取りに行った。残されたのは俺と女子2人。

ユミコは相変わらず、「立ったチンポを見せろ」とせがむ。

俺「もう、立ってないよ。だからお前らの裸見せろよ。そしたらまた立つから」相変わらず進展はしない。

しかしそこでユミコは「本当?」と、これまでと違う反応を示した。

俺「じゃあ、ちょっとだけならね。そのかわり、見るだけ見て見せてくれなかったら絶交だからね!」俺はユミコの言葉を半分疑いながらも、その条件提示に答えた。

ユミコ「本当にちょっとだけだからね」ユミコは言ってジャージとその下の体操服をバサッと捲り上げた。ほんの一瞬、一秒もない間だったが、そのせいで却って俺の目にはその光景が鮮明に焼き付いた。

今考えてみればなんの色気もない白いレースの付いたブラジャー。その下からわずかに溢れる胸の膨らみ。

まだ少し日焼けの残る顔とは対照的な真っ白な肌。自分のと同じはずなのにまるで別物に見えるおへそ。

何もかもが新鮮だった。学生になって初めて見た同級生の裸。

いや、正確に言えば裸ではないが、当時の俺には十分衝撃的であった。もちろん、チンポは再び元気を取り戻した。

「いい?見せたんだから見せてよね」さすがにこの状況では見せないわけにはいかない。俺は立ち上がり、女子2人を近くに寄らせて、「せーの!」の掛け声と共にジャージとパンツを前に引っ張った。

覗き込む女子2人。ユミコのとき同様に俺も一瞬で戻した。

「よく見えなかったー」と騒ぐ2人。

「もう一回」とせがむ2人に負けて、もう一度やることに。

もう一度、ジャージとパンツを前に引っ張った瞬間、ユミコが俺のジャージに手を掛け、下にずり下ろそうとした。不意の攻撃に俺は対応できず、俺の手からジャージとパンツが離れた。

しかし、ユミコの下げも十分でなく、チンポを晒すまでには至らなかった。その瞬間、逆サイドから覗き込んでいたミホコがフォローを入れる。

ミホコの爪が俺の骨盤のあたりの皮膚をひっかきながらジャージとパンツを下げる。パンツに引っかかったチンポが一瞬下に引っ張られ、次の瞬間、わずかに心地よい開放感と共にチンポが、びょよ~んと上に跳ね上がる。

同級生の女子2人の目の前に、皮から少し亀頭を覗かせた俺のチンポが晒された。さすがに女子2人は、目の前に現れたグロテスクなものに、一瞬顔を引いたが、「きゃー♪」と目を輝かせながら大喜び。

俺は膝まで下がったパンツとジャージを慌てて戻した。動揺はしたが、「どうだ、ちゃんと見れたか?」と問う。

「見た見たー、なんかすごいね」

「タマタマいやらしい」大喜びの2人。特にユミコは念願の生チンポを見れて満足したようだった。

ユミコ「タカシには内緒ね、私の見たのも」その後、さっきまでと変わらない猥談をしているうちにタカシが4つの鞄を持って戻ってきた。

いつもなら鞄が届いたらその時点でお開きして帰宅するのだが、お互いにさっきの燃料が効いているのか、その日は暗くなるまで美術準備室で猥談に花を咲かせた。





メルパラ
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング

テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

男ばかりでむっさいゼミにいるただ一人の女の子と、エッチな関係になった話

俺は工学部に所属する大学生。ゼミの友達とオナニー談義をして楽しく過ごしていると、ゼミ内で紅一点の女の子が部屋に入ってきた。

友達は気づいてそっぽを向いたが、俺は気づかずに「無修正の飯島愛が俺の初めてだ!でも今はロリが一番くるよ」などと盛り上がっていた。ふと後ろを見てその子に気づいた俺は真っ青になった。

その子とは気志團のファンという共通点もあり、大事な唯一の女友達だったからだ。俺は思った。

(あ~あ、引いてるだろうなあ・・・。嫌われた・・・。終わりだ・・・)「何、◯◯、飯島愛の無修正なんか持ってんの!?」引きまくっていると思ったその子は、意外にも乗ってきた。

正直俺は嬉しかった。その子はエロに寛容だったのだ。

むしろエロい。今までは当り障りのないTVやスポーツの話などしかしてなかったがそれからはかなりディープなエロトークもできるようになった。

秘蔵のAVを貸してあげて感想を聞いたりネットでえろ画像をみて盛り上がったりした。今まで女の子とこんな話をしたことがなかったので(もちろん彼女はいたことないよ)、これ以上ない幸せと興奮だった。

「エロい女の子っているんだなあ」と感激していた。ある日遅くまで残って研究していると、帰り際にその子(わかりにくいんでY子にしますね)が「おーい、◯◯、あんた車でしょ?おくってくれー」と言ってきた。

「なんや、Y子、お前もいたんか、ええよ」と、Y子の家に送ってあげることになった。車の中でもやはりエロトークは盛り上がった。

俺は一度だけ風俗に行ったことがあったのだが、その体験談に興味津々だったので話してあげた。ピンサロで、緊張しすぎて全く勃たなかった情けない話だ。

Y子は「勿体無い!」という感想をくれた。

「俺もそう思うから、オナニー一筋に決めたんや」と言うと、「なるほど。でも、たまにはしてもらいたいんだろ」と言ってきた。

「まあな、自分の手では味わえない快感もあるんやろうな」と言うと(このときもしかしたらしてもらえるかも?と思った)「なあ、さみしいだろ?ちょっとしてあげよっか?」とY子は言った。(きたーーーー!!)とは思いながら、さすが童貞の俺、知ってる人にちんこ見せるのは恥ずかしいと思った。

「あほか!俺のちんこ触ったら手が腐るぞ!」と言ってしまった。

「腐るわけないやん」

「恥ずかしいんやって!見せられるわけねえやろ」

「まあ、したくないんなら別にいいけど」・・・ということで、その話は終わってしまった。

かなり後悔した。そんなこんなでY子の家に着いたが、やはり俺はY子に手コキをしてほしくて仕方なかった。

しかしいまさら言うのは非常に恥ずかしいし、どう言っていいのかも判らなかった。俺はふと思いついた。

「お前があんなこと言うから超勃ってきた。オナニーしたくてたまらんよ。帰って即抜く」と言ってみた。

そしたらまた手コキしてあげよっかと言ってくれるかも?という考えだ。ふと思ったのだが、こんな会話してるくらいだから、多分この時点でやらせてって言ったらすぐやらせてくれたんだろうな。

童貞の俺にはわからんかった。

「なんだよ、オナニーするんならちょっと私にやらせてって!」予想通りY子はのってきた。

俺「なんでそんなにしたがるんだよ」Y「興味あるんだよ、男の、こう、ピュッって出るのが」

俺「わはは!オモロイやつだなお前」Y「ねえ、こんなの頼めるの◯◯だけだろ、マジで」

俺「マジか?・・・しょうがねえなぁ」(内心:やったあああ!!!)Y「わたしんちでやろっか」

俺「おう」Y子の家に入った。初めて入る女の部屋だった。

特に女だ!というところはなかったが。床に座ると、Y子はトイレに行った。

そして向こうの部屋で着替えているらしい。

「なあ、ちんことか洗ったほうがいいか?」朝シャワーをしたが、ちょっと気になったので聞いてみた。

「ん?臭いん?」

「いや、朝入ったけど、まあ、それなりには、どうやろ?ちょっと嗅いでみるわ」

「はは、まあ大丈夫なんじゃない?」

「よしやろっか!」ジャージを着たY子が入ってきた。パジャマらしい。

「おう」俺も覚悟を決めていた。この子にちんぽ見せるんだな、と。

「俺だけ脱ぐのか?」

「あたりまえやん」がっかりとしながらもパンツを下ろした。ちんぽはギンギンに勃っていた。

なぜだろうか、ピンさろのときは緊張しすぎて勃たなかったはずが、今回も緊張しているのに勃っていたのだ。Y子はそれを見て「ほほーう」と言った。

「なんだその感想は。はは」笑いながらも俺の心臓はものすごいことになっていた。

「ちゃんとたってるやん、ピンサロ嬢に勝った!」Y子は嬉しそうだった。俺は緊張しながら言ってみた。

「なぁ、ここまでしといて、手だけか?」あわよくば最後まで、と思っていた。

「ん?Hは嫌やよ。私処女だし」

「口は?」

「したことないし、へたくそだよ?歯とか当たりそうで怖い」

「そうか、でもちょっとだけ口でしてくれよ」

「うん、まあ、できるだけ」Y子の手がおれのちんぽを握って、上下に擦りだした。

柔らかく握られてかなりきもちよい。しかし俺の好みはもう少し激しくするやつだった。

しばらくはY子の好きにさせていたが、我慢できなくなった。

「もうちょい強く握って、んで先っちょのほう舐めて」

「ん?こう?」と言いながら舌でぺろぺろしてくれた。

「お、気持ちいい。んでもっと早くしごいて」ぺろぺろ舐めながら手の動きが激しくなった。

このときは自分のオナニーの気持ちよさを軽く超えていた。

「あ、やべ、もういきそう」5分もしないうちにいきそうになった。

「あ、ティッシュない、まって、ちょっと取ってくる」

「あ、うん」中断させられ、かなりきつかった。ティッシュを用意してまた再開。

しかしすぐにいきそうになった。

「あ、いきそう」

「うん」ちんぽにティッシュが添えられた。

しかし俺もここまできたら・・・とわがままを言ってみた。

「なあ、口に出したい」

「え?まあいいけど」

「先っちょ咥えてくれ」

「うん」

「あ、いく」自分でも驚くほど出た。

「ん~~!!」Y子はうめき声をあげていた。こんなとこで終わります。

Y子にはこの先一回だけ手コキ&フェラしてもらっただけでセックスはしてません。すごくしたかった。

処女だと言っていたけど、きっとあれだけエロかったら、なんとかなったと思う。

ハッピーメール
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!


ハッピーメールバナー
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。