スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学4年生の夏頃に起こった、ゲイ的な忌まわしい出来事をここに明かそう・・・

ネット巡りをしていたらここに辿り着きました。今まで誰にも話さなかった秘密を打ち明けたいと思います。

小○四年生の夏、僕は友達と二人で川遊びをしていました。近所の山中にある小川で、水も綺麗で鮎釣りが楽しめるスポットです。

釣り人がいるのは主に上流で、そこには小さな茶屋もあり、ちょっとした観光所でした。僕達は釣りの邪魔にならないよう、人の居ない下流の方でパシャパシャ遊んでました。

水着を持ってなかったので、最初は草履を脱いで裸足で川に入ってましたが、遊んで服が濡れていくうち、誰も居ないしいいよね、って感じでパンツ一枚になったのです。もちろんパンツまでびしょ濡れでしたが、帰る前にしばらく水から上がっていれば乾いたでしょう。

自然の山水は綺麗で冷たくてとても気持ちよく、だから存分に遊んだのでした。お昼過ぎ、そろそろお腹空いたし帰ろうかって事になり、僕達は川から離れ、しばらく大きな岩の上に寝そべってパンツが乾くのを待ちました。

他愛のないゲームの話なんかしながら。おじさん・・・たぶん四十歳くらいだったと思います。

そのおじさんがそこへ来たのは、パンツが乾ききるのと同時くらいだったでしょうか。

「何や、水遊びしとるんか?」どこにでも居そうなおじさんで、釣り竿を持っていた事から、鮎釣りをしに来た人だというのはすぐに分かりました。

僕達はもう帰るし、邪魔をする事もないわけで、とりあえず服を着ました。何の話だったか・・・よく覚えてませんが、おじさんの話はとても面白く、僕達は帰る予定も忘れ、いつの間にかまた岩に腰を下ろし、すっかり話し込んでしまいました。

クーラーボックスからジュースをくれたり、アルミホイルに包んだおにぎりをくれたりしたので、空腹を満たされたのが気を許した原因です。どうしても話の内容が思い出せませんが・・・、とにかく僕は夢中になって話し込みました。

友達がもう帰るからと言っても、先に帰れば?くらいにしか思わず、一人残っておじさんの側にいたのです。時刻はまだ二時程度。

帰らなければいけない時間ではなく、やがて僕は岩場を離れ、竿を振るおじさんの隣に座っていました。

「どうせ釣れんし、また水遊びしてえぇで」そう言われましたが、一人でパシャパシャやっても面白くないし、「釣りを見てる」と断りました。

「男の子は元気に遊ばなイカン」と、半ば強引にシャツを脱がされても、僕はまだおじさんに不審感も抱かず、言われるままにパンツ一枚になり水に入りました。予想してたものの、やはり一人ではつまらなく、僕はすぐに川から上がりました。

そしてまたおじさんの隣に座って色んな話をしたのです。

「ボク、立派なオチンチンしとるなぁ」突然の事で何を言ってるのかわかりませんでしたが、たぶんそんな事を言ったのだと思います。

「ちょっと立ってみぃ?」その場で立ち上がると、おじさんは遠慮なく僕の股間に手を伸ばしてきたのです。濡れたガラブリに形がわかるくらいチンチンが浮き上がっていたのか、おじさんはやたらと「立派だ」とか「大きい」とか言い続けました。

触られるのはちょっと嫌だったし、馴れ馴れしいなぁと思いましたが、どうやら誉めてくれてるみたいなのでその時も悪い気はしなかったです。

「どれ、おじさんにちょっと見せてみぃ?」最初の不審感はそう言われた時に沸き起こりました。

僕があれこれ考えるより早く、サッとパンツを膝まで下げられ、ただ見られるだけじゃなく、指で摘まんだり引っ張られたりと弄られました。同時に恐怖心も芽生え、僕は「もう帰る時間だから」とか、「塾に行かなきゃ」とか、思いつく限りの嘘を並べ立てていたと思います。

ここからはおじさんの言葉もまるで覚えていないので、恐らくこう言ったのでは、という推測になります。あしからず・・・。

「まだ明るいのに、何で急に帰らなあかんのや?」

「何や、何の塾や?」おじさんはいちいち僕の嘘に突っ込みを入れてきます。ニコニコしていた顔から笑顔が消え、僕が嘘をついた事を叱っているような雰囲気だったと思います。

パンツを膝まで下げて、フルチンのまま見知らぬおじさんに説教されているのが惨めになり、僕は泣き出しました。泣いたら許してもらえるかもと思うのは、子供なら誰でも一度は経験あるでしょう。

でもおじさんはやたらと僕を責め続けます。走ってその場から逃げ出したかったけど、服も着てない状態ではそうもいきません。

延々と説教が続き、ようやくおじさんの口調が柔らかくなってきて、僕は解放されるであろう事に安堵しました。一旦はパンツを元通り履いたのですが、また隣に座らされます。

馴れ馴れしく肩を抱かれ、もううんざりでした。そして決定的な異変が起きます。

おじさんの手が僕のパンツの中に入り、チンチンを弄り回すのです。気持ち悪くて嫌だと言いたかったけど、おじさんの怖さに萎縮してしまってる僕には、反抗する勇気も気力もなく、ただされるがままでした。

図々しい手はやがて僕を仰向けに寝かせ、パンツを脱がして全裸にします。おじさんが上から抱きつき、キスをしてくるのがたまらなく嫌でした。

でも、そこまでだったら、いずれ忘れる程度の嫌な思い出で済んだかも知れません。本当の恐怖はそこからでした。

おじさんは僕の両足首を持ち上げて、体をくの字に曲げると、曝されたお尻の割れ目や穴を狂ったように舐め回しました。例えば愛し合う人達にはそういう愛し方もありますが、当時の僕にはそんな事が分かるはずもなく、おじさんは頭がおかしいんだとしか思えませんでした。

だってお尻の穴はウンチが出る所です。僕なら死んでも舐めたくないと思いました。

頭がおかしいと思ったら、恐怖心も倍増していきます。もしかしたら殺されるかも・・・。

本気でそう思いました。舐め回した次は、指の挿入でした。

お尻が真上を向く程体を曲げられ、ごつい指が遠慮なく入ってきます。何度「痛い!」と叫んだか分かりません。

それでもズボズボと指を入れられ、何時間とも思える苦痛に耐えるしかありませんでした。最後はおじさんのチンチンの挿入でした。

足を下ろした事で、体はいくらか楽になりましたが、その時に目に入った光景は一生忘れません。僕の足の間でおじさんはズボンを下ろし、大きなチンチンを出していたのです。

恐怖で引きつり、声も出ない僕のお尻に、おじさんはチンチンをグイグイ押し当ててきます。もう泣きわめいて必死で抵抗しましたが、おじさんはやめてくれません。

時折ズルッとチンチンが入ってくるたび、お尻の穴に激痛が走り、悲鳴を上げました。結局、物理的に無理だったのか、完全には挿入されなかったと思います。

四年生のお尻の穴に、大人のチンチンを完全に突っ込まれていたらタダでは済まなかったでしょうし。その後、数日お尻の穴がチクチク痛む程度でしたから、という推測ですが・・・。

泣き疲れ、抵抗する気力もなくし、ただ全てが終わるのを待つしかない僕。おじさんは僕の体中・・・。

特にチンチンをしつこいくらい舐めていたのが最後の記憶です。夕方になり、暗くなるのが早い山中に一人残されたまま、意識を取り戻しました。

そこでまたかなり長い時間泣いたと思います。どうして友達と一緒に帰らなかったのか・・・。

本当に悔やみきれませんでした。何とか家に帰るものの、僕の様子がおかしいのは一目瞭然。

両親には友達とケンカしたと嘘をつき、いまだに本当の事は話してません。もう結婚して子供もいます。

奥さんとも愛し合ってるし、うまくやってるとは思いますが、当然彼女にもあの忌まわしい出来事は話してません。人間性までダメになってはいないと思ってますが、彼女とセックスする時、どうしてもフェラチオを受け入れられない事がトラウマと言えばトラウマなんでしょうね・・・。

少年に対して性的欲求を持つという特殊な性癖がある人がいるのは分かります。ただ、絶対に傷つけるのはやめて欲しい。

自分の欲を満たす為だけに、幼い人格を侵害する権利はないのですから。





メルパラ
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

もうすでに亡くなってしまった私の妻の性遍歴を綴ってみようと思う

5年間の家庭生活は、妻と息子の事故死という形で幕が下りました。最愛の妻は29歳、息子は2才でこの世を去りました。

二人が出会ったのは私が25歳、妻が23歳のときでした。妻は特に美人でも可愛いいわけでもありませんが、純朴で優しい女性でした。

妻と出会って1ヶ月で深い関係になりました。23歳の妻は既に処女ではありませんでしたが、私は気にしませんでした。

私も数名の女性と恋愛経験がありますからお互い様だと思ったからでした。妻の遺品を整理していたら、キャンパスノートに書かれた日記が出てきました。

一番古いものは妻が高1の日記でした。私はいけないと思いましたが読んでしまいました。

今は後悔しています。高1の妻には片思いの7歳年上の従兄がいて、彼に対する切ない胸の内が綴られていました。

そして8月、お盆で親戚が集まった本家の納屋で、妻はその従兄に処女を奪われていました。日記には、>痛かったけれど、彼を感じていたい気持ちが我慢をさせた…彼の精液を顔中に浴びて嬉しかった。

妻は初体験でいきなり顔射されていました。しかもそれを嬉しいと…この従兄、妻の葬儀に来て泣いていました。

この従兄に彼女が出来るまでの約2年、妻は毎週1~2回、この従兄に抱かれていたようでしたが、妻は日記には従兄の好意で抱いてもらっていると感じていたようです。でも、完全に性欲処理人形にされていただけだと思います。

殆どが下半身だけ脱いで前戯もそこそこにそそくさと挿れて射精していたようです。妻は、時間が無い中会ってくれていると勘違いしていますが、この従兄、ただ出したいだけだったと思います。

純朴で素直な妻が不憫でした。妻が短大生の頃は、バイト先の社長のセフレでした。

45歳の社長に上手にいただかれていたようです。日記には、>社長さんは、親が決めたので仕方なく奥さんと結婚させられて可哀相な人…運命の人は私だったって言ってくれた…社長さんは、オチ○チ○を舐めてあげると子供のように喜ぶの…私のアソコに社長さんのオチ○チ○が入ると良い気持ちになるの…妻は完全に不倫セフレとして父親のような親父に膣穴を蹂躙されていたようです。

>社長さんは、私のアソコにキュウリやゴボウを入れるのが好きみたい…ゴボウを奥まで入れられると内臓を掻き回されているようで…トウモロコシだけは痛いので止めてと言えば言うほどグリグリされて…純朴な妻は、見た目も田舎の女学生のようですから、社長の接待に使われていたようでした。>私は可哀相な社長さんのために、セーラー服を着て知らないおじさんとセックスした…今日は2人の知らないおじさんにロープで縛られて、お口とアソコだけでなく、お尻の穴にもオチ○チ○を入れられた…お父さんより年上のおじさんはオチ○チ○を抜かないでアソコの中に精子を出した…短大2年の日記に大変ショッキングなことが書かれていました。

>今日は大変なことになった。生理が近い安全日だから3人のおじさんに連続中出しされたけど、その中の一人が父だった。

お互い顔を合わせて固まったけど、あの状況では知らない素振りでSEXするしかなかった。私は父のオチ○チ○をしゃぶり、アソコに受け入れた。

そして父の精子を子宮に注がれた。驚いたことに、3人の中で父が一番気持ちよかった。

いいえ、今までの誰より父のオチ○チ○が一番感じた。もっと父が欲しくなった…妻は父親とも関係していました。

日記からは、短大時代に社長の他に延べ50人とセックスしていることが分かりました。同一人物もいるみたいなので、人数としては10数人でしょう。

妻は女子高校生を演じていたようでした。>今日は母が同窓会で泊まり…父と二人で気まずい…私はタオル一枚で父の布団にもぐりこみ…やっぱり父に抱かれるのが一番気持ち良い…父が悲しむから社長さんとは別れよう…短大を卒業してさすがに女子高校生には無理があるのか社長とは切れたようです。

>社長さんにはお子さんもいるので、私が身を引くしかない…妻は最後まで信じていたのでしょうか。就職した妻は、真面目に働いていたようですが、週1回程度父親と関係していたようです。

>今日は、夕方父の車でラブホに行った。父の愛をたくさん感じた…時々休暇を取って会うことも会ったようだ。

>今日は父も私も休暇を取った。母にばれないように普通に出勤し、駅で父の車に乗った…いつもは夕方慌しい1時間くらいの逢瀬だけど、今日は時間がたっぷりあった…48歳の父が私のために頑張って、午前中、お昼、夕方の3回抱いてくれた…今日はアソコがヒリヒリしてるけど父は大丈夫かしら…今日はお父さん取っちゃった。

お母さんゴメンなさい…妻と父親のかなり親密な関係が書かれていました。妻が23歳の時、日記に私が登場しました。

>なぜか、彼のことを考えると胸が苦しい…彼のオチ○チ○が私のアソコに入る夢を見た…父に話したら、素直に気持ちを伝えなさいと言われた…私は胸が熱くなりました。父親のアドバイスで私に告白したことを知りました。

初めてデートした日の日記には、>彼のオチ○チ○はどんなだろう…早く彼のオチ○チ○を挿れてみたい…あのとき妻がこんなことを考えていたとは知りませんでした。でも、妻から求められたことは一度もありませんでしたから、純情な女とばかり思っていました。

初めて妻を抱いた日の日記では、>彼のオチ○チ○は、父のオチ○チ○と同じくらい良い気持ちにさせてくれた…彼のお嫁さんになって、毎日あのオチ○チ○を挿れられたい…そして、父を母に返さなければ…妻は願いを叶えたのだ。でも、純朴で無垢そうな外見の優しい妻が、何人ものオヤジ達の浮気膣穴下僕にされていただけでなく、実の父親とも関係していたのはショックでした。

しかし、更なるショックが私を震えさせました。妻が「そろそろ子供が欲しいわ」と言っていてころの日記です。

>今日、父の精子を子宮で受けてしまった…今日は妊娠する可能性が高かったのに、あまりの気持ち良さに父にしがみついてしまったので、父が外に射精できなかった…彼が帰ってきたら彼にも中出ししてもらわなければ…私は、1週間の研修を終えて帰って早々、妻にせがまれて何度も中出ししたのを思い出した。つまり私の精子より義父の精子が先に受精している可能性が高いのです。

という事は、亡くなった息子は妻と義父の子という事になります。義父は、息子が生まれて半年後に倒れて、そのまま亡くなりました。

その時の妻は、そういえば息子を抱きしめ「お父さん」と言って嗚咽していました。義父の一周忌の日記です。

>息子には亡くなった父の面影があって切ない…愛する彼の子供も欲しい…私は妻の実家の妻の部屋で泣き崩れました。

「あなたも見てしまいましたか…」義母でした。

義母も泣いていました。

「私は、あの子が就職した頃からおかしいと感じていたんです。あの子が夫を見る目がオンナなんですもの…女は、一度子宮を撫でられると変わるものよ…」私は義母を押し倒し、襲ってしまいました。

義母は51歳ですが未亡人なので飢えていたのか無抵抗で、「私のようなおばちゃんで役に立つのなら…どうぞお使いください…」亡くなった妻よりは肉付きは良いが、決して太っているわけではない柔らかな抱き心地の義母を抱きました。義母の使い古されたアソコを義息子チ○ポで掻き回せば、未亡人の義母は久しぶりの快感に大声で喘ぎました。

私は義母の子宮に大量に射精しました。私は、この事実を知っても妻を愛していましたから、純朴な女のまま眠らせてやる為に、日記を全て燃やしました。

そして、四十九日には、義父の眠る墓に妻と息子を納骨しました。今、私は亡くなった妻の妹と再婚しています。

実はあの後も義母と身体の関係を続けていましたが、妻の三回忌の段取りの頃、義妹に義母との濡れ場を目撃されてしまいました。義妹は「私の憧れてたお義兄さんを取った」と義母につめより、その場で再婚話に発展したのです。

私は義妹との結婚に、義母との関係の継続を条件にしました。義母はセックスライフの復活で活き活きしていましたので、それをを取り上げるのがかわいそうでした。

義妹は承諾してくれて、結婚を前提に交際しました。義妹は、妻に輪を掛けたような純朴キャラで、私に初めて抱かれた27歳の冬が処女喪失でした。

姉と対照的で、見た目どおりの純真無垢でした。今、私は41歳になりました。

再婚して7年、元義妹の妻は35歳、5歳の娘と2才の息子、そして、今でも月に2~3回SEXのお相手をしている義母は61歳になっています。5人で仲良く暮らしています。




メルパラ
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

プールの時間は当然のことながら教室でひとりオナニーに励みますよね?

俺が小○校の時の話なんだけど、プールの時間は教室で着替えてからプールに行く事になってたんだよね。記憶が曖昧だけど、更衣室がずっと工事中だったんだよ。

んで、夏なんて毎日プールの時間があって、俺は水泳なんて嫌いだったんだけど、着替える時間はもちろん大好きだったよ。5年生位になるとそれなりに発達してる娘もいたりしてさ。

もちろん、女の子は絶対に見えないような、すごい難しそうな水着の脱ぎ方とか着方とかしててなかなか見えないんだけどね。小○生ん時プールがあった人ならわかると思うけど、あの、マントみたいなタオルで隠れながら水着ぬいだり、パンツの上から水着着て、水着着た後にパンツを引き抜くみたいな方法とかね。

だけどさ、俺の学校だけじゃないと思うけど、席順てのはだいたい男女が隣になるようになってるじゃない?どんなに隠そうとしても、ずっと見てるとそのマントみたいなタオルの後ろから、ときどき、可愛いお尻が見えちゃうのよ。もちろん、見てるのがばれると男女両方からすごい非難ごうごうだからじっくりとは見れないんだけどさ。

だけど、俺はもっと間近でエロを感じてみたかったんだ。一瞬だけチラッと見えるだけじゃなくてさ、もっと体いっぱい味わいたかったんだよエロい気持ちってのを。

そこで、俺は考えた。発想の転換だ。

『おっぱい』や『お尻』には手が届かないけど、エロいという点では負けてないもの=『パンティー』。当時ドラゴンボールの影響でほかほかのパンティーというものに、ものすごい興奮していた俺は、なんとかパンティーを手に入れる手段を考えた。

近所に住んでる女の子の家から盗むとかも考えたが、下着泥ボーになるのは危険も多く、失敗したときのダメージがかなり大きい事から断念。それから俺は毎日毎日パンティーの事だけ考えながら学校にかよっていた。

そんなある日その日も授業でプールがあったのだが、水泳をしてる途中ふいに俺は、ウンチがしたくなった。もちろん、俺の学校でも小○生にとってウンチは大罪であり、「先生!ウンチしたいです」などとは、口が裂けても言えなかった。

そこで俺は「お腹が痛いです」とまるで盲腸患者のように、先公に相談。保険委員に付き添われながら保健室へと運ばれていった。

保険室のおばちゃんは俺がウンチしたいだけなのを一瞬で悟り、保険委員を追い返した後、「トイレ行ってプールに戻りな」と言ってくれた。保健室のおばちゃんを適当にあしらった後、速攻でウンチをひりだしスッキリした所で、俺は限界まで我慢したウンチした後、すごい事に気付いた。

「このまま、プールに戻らなかったらどうだろう?」と。体育の先生は俺が保健室にいると思ってる。

クラスのみんなもそうだ。保健室のおばちゃんは、俺がプールに戻ったと思ってる。

つまり俺は、透明人間。なにをやっても完全犯罪、そんな感じだ。

俺は、走った。教室には、クラスの女子全員のパンティーがある!もちろん誰もいない。

体育が終わる時間は、残り30分もある!「よし!隣のクラスの分も周る時間は十分にある!」俺は走った。ガタン!!と扉を開けたい所だが、そこは慎重な俺。

静かに扉を開け進入。だいたいの席順はわかっていたが、とりあえず出席簿を手にして可愛い女の子から順番に攻める事にする。

どこだパンティーはどこだ!?目当ての女の子の席にきた時そう思った。周りを見回し俺は理解した。

女の子はパンツを見えないように、服の一番下、あるいは、水泳バッグの中に隠しているのだと。そんな女の子のもっとも恥ずかしい下着を俺は、俺は今被ってる。

なぜそうしたのかはわからない。だけど、俺は、真っ先に頭から被った。

今でもそうするだろう。最初の一枚、俺がすごい好きだったクラスで一番可愛かった娘のパンツを被った瞬間、俺は「ちょっとオ○ッコくさいな^^;」と冷静に思った。

・・・が、しかし俺はすでに激しく勃起していた!(俺の記憶で勃起状態の息子が出てくる最古の記憶はこの時である。)俺はそのパンティーを、元あったように1mmの誤差もないように元に戻した。

・・・が、素早くまた手にとり、一応大切な部分の所を舐めておいてから元に戻した。それからの時間は、まさに酒池肉林。

俺はすげーブス、ブス、普通、可愛いすげー可愛いの5段階の女の子(2クラス分の女子で40人くらい)の内、すげーブス以外の女の子のパンツを被った。口に含んでよだれだらけにした。

履いた。ちんちんに擦りつけた。

もーすごい気持ち良かった。神に誓ってあの日が俺の人生で一番幸せだった。

ところが、である・・・。俺がデザートに取っておいた残り三人。

すげー可愛いというワケではないが、彼女達は身長が高くて、とにかくスタイルがいい。当然ブラジャーの可能性がある!俺のエロ友達の情報にも何度かその話題が挙がった事もあり、信憑性が高い。

今や教室の王である俺様がチェックしてやろうとガサガサと調べだした。ちなみにそのとき俺は、下半身裸だった。

もちろん勃起している。頭には、パンツを被っていた。

幸せだった。一人目の女はブラを持ってなかった。

厳密には、結構ブラをもっていた奴はいたが、ほとんどがスポーツブラで、そんな知識が無かった俺はただのシャツぐらいに考えていた。一応舐めといたが。

二人目もなし。この娘のパンツには生理用品がついていたのだが、当時の俺のはなんだか判らなかった。

そして、三人目のパンツをちんこにまいている時悲劇は起こったTT「◯◯◯◯!!」もの凄い勢いで俺の名前を呼ぶおっさんの声。担任のおっさんだった。

俺の心臓は止まってしまった。

「まだ後5分あったはず・・・」あうー。

女の子二人がおっさんの後ろにいた。すごい可愛い娘で、俺が一番最初に被った女の子だった。

好きだった。女の子達の目は、俺の頭のパンツといまだいきりたつ息子にそそがれていた。

平手打ちを食らった後、ズボンをはかされ俺は職員室に連れて行かれた。(中略。ボコボコにされて親呼ばれて・・・)担任のおっさんはできた奴で、俺がいじめられるといけないからと二人の女の子に口止めしてくれた。

女の子二人も黙っててくれた。泣いて土下座した。

嘘泣きだったし、別に悪いとも思ってなかった。(中略色々あった。)昨日、その俺が好きだった女の子の結婚式でその事をばらされました。





メルパラ
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
ピチピチの女子高生から経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

彼女とのセックスを隠し撮りして後から眺めて大興奮!やっぱ映像にすると違うわw

僕と彼女の友香は付き合って2年になる。もちろん肉体関係はあるけど、どうも最近マンネリというか興奮しない。

というか友香は元々アレの方は、恥ずかしがって常夜灯の薄暗い部屋でしかしない。しかも、なかなか濡れにくい体質。

そんな友香ではあるが、徐々に僕の教育で、縛りやエッチな言葉責めにトロトロのオマンコになるようになってきた。ぎこちなかったフェラもだいぶ上手になり、今ではちゃんと指示すれば裏スジや金玉をチューチュー吸ってくれる。

でも、これって普通のセックスでしかないわけで、エロい僕は何をしようか考えた。暴力的な事や犯罪性のある事はもちろん出来ないわけで、ネットでエロ体験を読んでいるうち、自分たちのエロい醜態をハメ撮りする事にした。

ただ、友香の性格からハメ撮りなんてOKするはずもないので、バレずにハメ撮りする方法、『盗撮』する事を計画した。思い立ったら、行動は早い。

まず盗撮する道具だが、動画撮影できる携帯プレーヤーを持ってたのでそれを使う事に。ケータイやスマホだとライトが光ったり、撮影中に録画中のランプが点滅するのでバレちゃいますから。

その携帯プレーヤーをベッド向かいの棚の上に何気に置き、自画撮り練習して、どのようにすれば“いい位置“で撮影できるかを確認した。普段棚の上は乱雑に物を置いてるんで、携帯プレーヤーがあっても不思議に思われる事はない。

計画は土曜日の夜、その日は朝から携帯プレーヤーをフル充電し、メモリーオーバーしないよう、既存の音楽ファイルをPCにバックアップし、プレーヤーから削除。これで2時間位は撮影可能。

友香には前日、「明日土曜日だから、夕方でも遊びに来いよ。ご飯食べて泊まっていけば?」と連絡していた。

当日午後、友香から連絡。昼ごろ起きたから、部屋の掃除して買い物してから行くとの事。

夕方17時頃に到着し、2人で夕食の買い出し。その頃、僕の頭の中は(今夜、どんなエロしようか?どんな恥ずかしい格好させようか?)などと、久しぶりに興奮していました。

2人でテレビを見ながら楽しく夕食を食べ、シャワーを浴びて寝る事に。先に僕がシャワー。

出た後に友香がシャワーに。友香がシャワーから出て、ドライヤーで髪を乾かし終わったのを確認し、携帯プレーヤーのスイッチオン!パジャマ姿の友香の手を引いてベッドに連れて行った。

まずは抱き合ってキス。パジャマの上を脱がせかけた時、「電気消そうよ」って言ってきた。

(ヤバい!これでは薄暗くて盗撮ムリ!)って思ったんで・・・。

「最近マンネリだし、友香の裸を見て興奮してみたいなぁ。土曜日だし、友香もエッチになって、いっぱい濡らして・・・」ってエロい説得。

「えぇ~、でも恥ずかしいなぁ、少しだけだよ」なんて言いながらなんとかOK。

「大丈夫、誰も見てないから。俺しか見てないよ」って、友香にキスしながら、パジャマの上着を脱がせてブラを外し、パジャマのズボンを脱がせた。

僕は急いで全裸になって、友香を後ろから抱き締めた。オッパイ揉みながら、乳首をコリコリ。

友香の腰の辺りに僕のチンチンが当たっていた。友香と正面から抱き合い、再びキス。

友香の右手をチンチンに誘導し、手コキさせた。レンズの正面がシコシコしてるとこ写るように、抱き合いながら位置を修正。

友香に「舐めて。おっきくして」と跪かせてフェラさせた。

チロチロと亀頭舐めからチュポっチュポと咥えてみたり、裏すじをレロレロしたり。学習の成果がよく出ているフェラ。

「玉も・・」って言うと、右手で袋を持ち上げペロペロ、チュパチュパ。玉舐めフェラもしっかり写るよう僕は片足をベッドにかけた。

友香のフェラでぱんぱんに膨らんだ玉袋を、股間に潜り、手を使わないでペロンペロンと舐めてきた。チンチンがビーンと上を向き、隆起に沿って舌を這わし、頂上をパクっとする。

先程まで恥ずかしがっていた友香も、明るい場所での初エッチに興奮したのだろうか?ゆっくりベッドに寝かせ、まずは覆い被さり、いつものようにキスしながらオッパイ揉み。首筋からオッパイへ舌を這わし、乳首をレロレロ、チューっと吸ってやる。

乳首が勃起したところで、友香を横向きに寝かせ、オッパイ丸写り状態にさせパンツを脱がせた。恥毛が露わになり、僕は後ろから片手でオッパイを揉みながら友香の片足を持ち、僕の片膝立てた足に引っかけさせた。

足が大きく開かされ、明かりに照らされる友香のオマンコ。恥毛をなぞりながら、オマンコの割れ目に指をすべらせた。

いつもより濡れ方が明らかに違い、指が割れ目に沿って往復するだけで、ピチャピチャと淫靡な音を奏でる。2本の指もあっけなく割れ目に吸い込まれていった。

「はぁっ・・あっ、あぁ~」と喘ぎ始めた頃、クリトリスを円を描くように擦り上げたら、腰をモゾモゾ。気持ちイイのを我慢しているのか、快感に耐えている顔をしている。

僕は一旦愛撫を中断、レンズ正面に写るよう友香を起こして座らせた状態で後ろから抱きかかえた。後ろ手にし、足をM字開脚させ、耳舐めしながら、後ろからオッパイを鷲掴みし乳首を弾いた。

僕は友香の太腿を持ち、腰を浮かせるようにし、更に大きくM字開脚させた。そして、恥毛をかき上げ、割れ目を両手で拡げてやった。

僕に割れ目を拡げられ、ピンク色のオマンコ穴やアナルまで写されていようとは知らず、友香はハァハァと興奮している。

「よく見えるよ、エッチなアソコ・・びちょびちょだね!」って言ったら、「あぁ・・・ん、だってぇ・・あっ・・あん」とますます濡らしてくる。

そのまま友香を寝かせ、僕が上になる体勢のシックスナイン。友香の口にチンチンを咥えさせ、割れ目を指で拡げ、暫く視姦。

視姦というより、オマンコがしっかり写るようにだ。顔を埋めてクンニしたのでは、僕の頭しか写らないと思い、割れ目を指でずーっと拡げたままクリトリスを皮越し舐めてやった。

こんなエロいトコが写っていると思うと、チンチンもいつもよりビンビンだった。友香はチュポっチュポっと咥えたり、吐き出して裏すじや張れ上がった玉袋を舐めていた。

ここで僕は、用意していたロープで友香の手足を縛る事に。

「痛くしないでね、すぐ解いてね」って恥ずかしがる友香。

「大丈夫だよ、友香の恥ずかしい格好興奮する・・」と言いつつ、オマンコ丸見えで隠せないように拘束。

「もっと濡らしてあげるから」友香の口に再びチンチンを差し込み、クリトリスを小刻みにいたぶってみたり、手マンでオツユを出させた。

チャプチャプとエッチなオツユを出す友香のオマンコ。

「玩具で遊んであげるからね」と僕はバイブを割れ目にあてがった。

指で割れ目をV字に拡げ、クリトリスをバイブで擦り上げた。擦り上げる度、オマンコ穴がヒクヒクしているのがよく見える。

焦らすフリして、これまたじっくり撮影。オマンコはトロトロ状態・・・。

「玩具食べて・・・しっかり咥えて」と言い、ヌチャっと割れ目が玩具を咥え込んだ。ピストンする度、友香のオマンコはヌチャっヌチャっと美味しそうにバイブを食べていた。

フェラさせられたまま、「う・・・うぁ、うぁ」とオマンコの快感に顔を紅潮させる友香。割れ目から玩具をジュポっと引き抜いたり、再びヌチューっと奥まで差し込んだり。

途中、玩具の電源オン!クネクネとオマンコの中でバイブが暴れまわり、僕はクリトリスを指で往復。

「いやぁ、いやぁ、ぁん、いいぃ・・・はぁっはぁ~」と感じまくる友香。

「お尻の穴までオツユ垂れてる・・・」って言いながら、アナル付近を両手で拡げた。

「やだぁ、だめぇ、見ちゃやだぁ」って可愛い抵抗をする友香だったが、これもしっかり写っている事だろう。

一旦バイブをオマンコから抜き、友香をワンワンスタイルに。もちろんレンズにお尻を向けさせた格好で。

そのまま友香の下に僕が潜って、女性上位のシックスナインです。お尻をグイっと拡げ、割れ目とアナルを丸見えにさせました。

もちろん友香にはフェラ、僕は割れ目から垂れ落ちる友香のオツユをクリトリスと一緒に吸い上げました。友香の局部を舌を伸ばして舐め上げる様は凄い卑猥な光景だったでしょう。

(映像だけでなく、喘ぎ声や局部からの鳴き声、汁音も撮らねば!)と思い、友香をワンワンスタイルにさせたまま横に座り、割れ目とアナルをガン見。片手で割れ目を拡げたまま、割れ目からアナルを指で往復させました。

「そんなに拡げちゃやだぁ・・・」と恥ずかしがる友香。時折指でアナルを弄ったり、舌を捻じ込むように愛撫。

「そこダメだよぉ・・・汚いから・・だめぇ・・・」と言いながらも割れ目から汁を出す友香。

「いっぱい出てるよ・・・拡げて見てるから、もっと出していいよ」と、僕は割れ目の両側を指で思いっきり拡げて、これでもか!という位オマンコを拡張した。

モノ欲しそうなオマンコにバイブをご馳走してあげた。割れ目を拡げ、先っちょから捻じ込むように、ゆっくりとバイブを奥まで咥えさせた。

割れ目がしっかりバイブにまとわりつき、ピストンする度ビラビラがめくれあがり「あっ、あっあん、やぁん・・・ダメ」と友香が喘ぎ出す。ヂュプっヂュプっとオマンコも喘いでいた。

グチュ~ズポっとバイブの抜き差しを繰り返すうち、割れ目を拡げられ空気が入ったためか膣屁をブビっブビ~と恥音を出す友香のオマンコ。これ以上ない良い音も撮れた。

素早く僕は後ろから友香に覆いかぶさり生でチン入。結合部が写るようにお尻を高く突き出させた。

こんな恥ずかしい格好が写っていると思うと余計に興奮する。友香は何も知らないのに、恥ずかしさと気持ちよさで「やぁん、いやぁぁん、恥ずかしいぃあぁん・・・」といい声で鳴いてくれる。

「自分で繋がってるトコ触ってみて・・・」と友香にオマンコやクリトリスを触らせ、「オレの玉も触って」とエッチなリクエスト。素直に股間へ手を伸ばし、オマンコや玉袋を撫で回す友香。

玉袋を撫で撫でされチンチンを出し入れするのは超快感。

「こんな恥ずかしい格好見られたらヤバいねぇ」ってギャグでもないホントの事言ったら、「いぃゃぁ・・・見ちゃいゃ・・うぅぅやだぁ・・」と言いつつ倒れ込んだ。

最後は友香の好きな正常位で抱き合って深く突きまくった。でも僕は友香の足を大きくM字に開かせ、自分も腰を上げ気味にピストン。

友香のお尻を掴んで拡げ、結合部がなるべく写るように腰を振った。まもなく絶頂を迎え、友香のお腹に大量の精子を放出した。

友香にシャワーを勧め、携帯プレーヤーの動画撮影をOFF。ちょっと画面は小さいがバッチリエロい画像が撮影されている事を確認。

友香が戻ってきたので、その夜は再生はガマンし、そのまま寝る事に。次の日、友香とは夕飯まで一緒に過ごし、帰った後にいよいよ動画を全部を再生した。

昨夜の2人の恥態がそこには写っていた。手コキからフェラ、玉舐めに始まり、M字開脚で割れ目を拡げられる友香のオマンコがエロい。

卑猥な会話や友香の喘ぎ声、汁音に僕のチンチンから先走汁が出てきたのがわかった。何も知らず手足を縛られ、むき出しの割れ目へのバイブ突っ込まれたり、ワンワンスタイルさせられて、割れ目を目いっぱい拡げられ、アナルまで弄られる様子が鮮明に写っていた。

一番興奮したのは、バックで後ろからハメてるシーン。結合部は僕のお尻が邪魔して見えづらかったけど、友香が自分でオマンコや玉袋を撫で回しながら「いぃゃぁ・・・見ちゃいゃ・・うぅぅやだぁ・・」と言いながら、オナニーさせられてるのに必死にビチョビチョの恥ずかしい結合部を隠しながら果てたシーン。

マジで撮られているなんて知らない友香の恥ずかしがり様や、散々出し入れされ、割れ目のビラビラが卑猥に捲れあがったオマンコは、生も勿論よかったけど、画像で観るのもエロくて最高だった。固定アングルなのでAVってわけにはいかないけど、自分たちがあんな恥ずかしい格好で、あんなエロい事してたんだぁ~って、自分たちの映像観て凄い興奮した。

今度は目隠しさせて手足を縛り、オマンコいじめの盗撮しようと思ってるんだけど、オマンコやアナルの局部撮影しても、目隠しされてるから友香は気づかないはずだ。

「ハメ撮りしよう~」って言ってもたぶん拒否られるし、気が散ったり恥ずかしがってあんなにビチョビチョにならないだろうなぁ。

撮られてるの知らないから素の恥態を曝け出し、恥ずかしい格好でもエロいリクエストでも出来てしまうんだろうなぁ。そんな事を妄想しながら、僕はPCに今回の成果物をコピーし、大きい画面で再生。

その夜は2回もオナって抜いてしまった・・・。




ワクワクメール
会員数最大級の出会い系サイトです。
有名雑誌にも多数紹介されるほどの老舗優良サイト!
会員数が多いということは当然出会える可能性も高いということになります。
つまり、何が言いたいかというと…
なんと、このサイトで出会った人たちの体験談が書籍化するくらいのマッチング力があるのです!!
ピュアな出会いと、アダルトな出会いの二刀流というわけです。
エロいことをしたい人は、無料登録をしたら、まず「アダルト掲示板」を利用しましょう!
相手のルックスを確認した上で、会うかどうか判断したい慎重派な人には、
「アダルト投稿画像」と「アダルト投稿動画」の確認をおすすめします。
ここには大人の遊びがあります!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト

妻が私に内緒でアダルトビデオに出演していたことが判明したんだけれど・・・

とりあえず、私は『妻夫』とでもさせて下さい。私(40)と妻(28)は、一回りも歳が離れています。

そもそも妻は、私の会社に派遣されてきた女の子だったんです。まぁー普通に言えば派遣の子に手を付けたオヤジってことになるんですが、その妻の初出勤日、私達の職場に挨拶しにきた時、どこかで見た様な気がしていました。

その時は、あまり気に留めていなかったたのです。そんな私は、恥をさらす様ですが、この歳で素人童貞だったんです。

実際は左手が恋人状態で、そのおかずとしてよくお世話になっていたのがAVビデオでした。有名メーカー物は、もちろん、そう言うのにも飽きてきて、インディーズとかのビデオ(ビデオ安◯り王なんて言うショップに良く行くもので、店員と顔なじみなったりして)を一夜の恋人にしていたんです。

ここまで書くと勘の良い人にはわかってしまうと思いますが、なんと妻(当時は派遣の女性)は、そのうちの一本で見た子だったんです。2~3日一緒に仕事をしていて、何か引っかかるものがあったので、家に帰ってから、自分のビデオコレクションを見てみたんです。

レンタルとか、買っても捨てたり、あげたりしていたんで、無いかもと思いながら捜していると、偶然にも取っておいた1本でした。(有名女優より、素人っぽいのとか、1本だけの出演で消えた女優なんて言うのが自分の趣味で取っておいた事も幸いしていました)あんまり知らないメーカーでした。

(潰れたのかな?)再生すると、現在の妻よりかなり若い感じで、他人とも見えるんですが、ほくろなどで確かに本人と判断出来ました。内容は、自分から見るとありきたりで、屋外で普通の撮影の後、室内のソファーに座らされて自己紹介(もちろん偽名)。

そして下着姿になってオナニー(このとき男にクンニされていました)そのあと、ベッドに移って男優と絡んでから、はめられて、最後に顔射で終わっていました。そのあえいでいる顔が本気だったようなのと素人っぽいように見えて、捨てずに私のコレクションにされた様に覚えています。

薄消しと言いながら、目を細めれば見えるかもって言う感じだけで、実際は生ハメかコンドーさんかの違いは全く判りませんでした。そうなると、自分の机の横にいて、会社の制服を着ている女性が、再生しているAVビデオに出演していたなんて思うと、それだけで、自分の物はギンギンになってしまい、とうに飽きてビデオでは抜けなくなっていた自分が久々に2回も抜いてしまいました。

そのビデオの中の彼女(妻)は、結構、スレンダーな姿形で、脚も長く、おっぱいは巨乳では無いのですが、その形は、男をそそる良い形をしていました。なんか、見れば見るほど惚れてきました。

翌日、会社に行くと、もう彼女はいて、いつもと同じように挨拶してくれます。でも、その挨拶が自分だけのものの様に思え、それだけで、急に彼女と親近感が沸いて来るのを感じていました。

かといって相手に対してそんな事を言う事はしませんでした。(結婚をしたのは別にビデオを事で脅したりした訳ではありませんので)でも、そんな風に思うと、ついつい彼女に親切になってしまい、来たばかりで判らない仕事の手配や内容について親身になって教えていました。

そうやっていると隣で話をしている彼女とビデオの彼女がダブっていて、昼と夜の違いって言うのか、そのギャップを楽しんでいたと言うのが本心かも知れません。特に飲み会などでは、あえて彼女と話さなかったりして紳士を装っていました。

そんな事をしていると、彼女の方も、普通のおじさんから自分に親切にしてくれる男の人になって来た様で、ついにある日、彼女に自分の仕事の手伝いをしてもらっていると、彼女の方から「たまには飲みに誘って下さい」とデートの誘いともとれる言葉を言われました。その時は、「あっ、うん、そのうちにね」と言ったのですが、内心はヤッターと言う感じでした。

2~3日何もなく過ごしたのですが、たまにこちらを潤んだ様に見ているのに気がついて、本当に誘わなければと、翌週金曜に誘いました。

「俺とだけれど良いの?」って聞くと、構わないと言う返事に感激しました。

そのデートの日、ちょっとしたレストランで食事をしてお互いのことについて話をしました。女は兄弟が結婚し、親と同居したので、自分は外に出て、一人暮らしであると言う事、このご時世、大学は出たけれど就職口がなく派遣業界に身を置いているとの事でした。

当時まだ彼女は24歳でした。この派遣も期間が終わるとまた別の所を紹介されて行くけれど、次の所が無ければ、決まるまではアルバイトなどで食い繋いでいかなければならないなど、身の上話や業界の話も聞いたりして、とてもビデオの事など言い出せる事が出来ませんでした。

その夜は、レストランで終わって帰りました。結構紳士であったと思います。

翌日楽しかったと言われ、次のデートの約束もしてしまいました。そんな事で続いていると、初めての素人の女性との付き合いでしたが、そんな彼女の体が次第に欲しくなり、ついにあるデートの時に自分の部屋に来ないかと言いました。

もちろん彼女も行ったらSEXありかも知れないと言うのは判っていたと思います。私もこんなおじさんの部屋に来るのかなと思っていたのですが、「良いですよ」と言われ、その夜、彼女をというか女性を初めて部屋に招きました。

彼女は、私の部屋に入ると、やっぱり男の部屋に戸惑っているようでした。急に誘ったので、部屋は片付けてなく、乱雑でした。

自分が片付けようと雑誌や衣服を拾い集めていると、彼女も手伝ってくれていました。押し入れに押し込む様にしていると彼女が、私のコレクションを発見してしまいました。

「◯◯さんもこう言うのを見るんですね」と、しげしげとその一部を見ていました。自分も恥ずかしくなって、「そうだねと」と言いながら、途中で買って来たビールやチューハイなどをテーブルの上に広げてながら、横でそのビデオ集をながめている彼女を見ると、そのビデオの中には、私が発見した彼女が出演している物も入っていました。

あえて、何も言わずに「さぁー続きだよ。飲もうよ」と言うと、「うん」と急に口数が少なくなり、お酒と摘みを広げているテーブルの所にきて、絨毯の上に脚を崩して横座りになりました。

スカートから出ている彼女のすらりとした脚を見て思わずごくりとしました。ビールを空け、しばらく飲んでいると、だんだん話はHな方向に行きました。

彼女は、さっきのビデオの事を言い出し、「男の人ってこういうビデオでするんですか?」とか、私の女性経験などを聞いてきました。私も、彼女に初体験とか、男性経験の話をしました。

彼女いわく、遅くて大学に入った後の19歳で男性経験は5人以内だそうです。私が、冗談で処女かと思ったよと言うと、彼女は真顔で「この歳で処女は変ですよ」と言われました。

逆に私が「俺が童貞だったらどうする」と切り返しました。すると、「えっ、◯◯さんって童貞だったんですか」と酔っぱらって赤くなった顔で真剣に見つめられてしまいました。

「えっまぁー、そんなところかも、この歳じゃ変人かな」と言うと「嘘でしょ、そんな風に見えないし、良い人に巡り逢わなかったんですよ。でも男の人の初めてって筆下ろしって言うんでしょ」と言う彼女の甘ったるい言葉を聞くと、その瞬間、私の理性が飛んでしまいました。

黙ったまま、立ち上がって、座っていた彼女を抱き上げて、ベッドに運ぶと、キスを浴びせました。彼女も積極的に舌を出して私の口を吸ってきます。

彼女のブラウスとスカートを脱がすと下着だけにしました。そこにはビデオの中の女優が私のベッドに横たわっていました。

慌てて、自分の着ているものを脱いで、ビキニ(私はトランクスではなくこの歳でもビキニを履いているんです)になると、その様子を見た彼女が「◯◯さんって結構いいからだをしているんですね」と褒められてしまいました。(腹は出ていると思うんですが)でも、ビキニの前部は、自分の物の形がくっきりと出ていて、それは彼女にも判っていたはずです。

彼女が私のビキニに手を延ばすとその形を撫で廻し始めました。そうなると先端部から液体が出てきたのか、グレー生地の一部が濡れ始めました。

まるでビデオの一部だなと思いながら、そんな彼女の指の動きに気持ち良くなっていました。自分も彼女のショーツを脱がし、初めてその部分を目にしました。

ビデオではモザイクで見えなかった部分が、今目の前にあるんです。彼女が自分から、その長い脚を広げると黒い陰毛の奥には、濡れたピンク色がありました。

ビキニを脱ぎ、全裸になると、ベッドに横たわりました。彼女もブラと足首に引っかかっているショーツを脱いで同じく全裸になると私の上にのり、69の体勢になりました。

風呂に入っていない私のいきり立った物をためらわずくわえて、上下に口を動かし始めました。私も負けずに少々お○っことチーズが混じったような匂いがするその部分に舌を差し込んでいきました。

しかし、経験が少ない素人童貞の私には、ただ口と舌を舐め回すだけの単純な動きしか出来ず、彼女にして見れば、やっぱり童貞だったんだと言う事を再認識させる事だったと思います。でも、彼女も興奮していたのか、そんな私の幼稚なテクでも、自然にあそこからはぬるぬるした液体が大量に分泌される様になりました。

彼女は、私の物から口を離し、あえぎ声を上げていました。そのまま、自ら、騎乗位の体位になり、私の物を握って自分のあそこに導くと、腰を下ろしました。

しばらく私の上で腰を振っていましたが、倒れ込んで来たので、繋がったままで、体をひっくり返し、今度は私が上になりました。私の腕の下で、彼女が目を瞑って声あげています。

次はバックをと思っていたのですが、情けない事にその喘いでいる顔が、ビデオ女優の彼女とタブってしまい、急に私の物に彼女の絡みついてくるひだを感じると、とたんに彼女の中に発射してしまいました。中に出してしまい、とたんに自分はさめてしまいました。

彼女も私が出してしまった事が判ったようで、私が離れると立ち上がり、その部分をティッシュで押さえていました。そして、バスルームの場所を聞くと、駆け込んでいきました。

10分ぐらいだったでしょうか、バスタオルを巻いて出てきた彼女に、すぐに「子供が出来たら結婚しよう、いや出来なくても結婚しよう」と言いました。彼女にしてみれば、あっけに取られていたのかもしれませんが、「うん」と頷いていました。

結局、子供はできませんでした。今は、避妊しながら中出ししていて子供はまだいません。

その時の様子を妻に聞くと、私の部屋で自分のビデオを見つけ、脅されるのかもと思っていたそうです。しかし、そんな素振りも見せない私に少し安心し、残りの派遣期間も少しだし、親切にしてくれた童貞のおじさんに、SEXぐらいプレゼントしてあげるつもりだったそうです。

妻に、そのビデオの事を聞いたら、あと一本同じ会社から出ていたそうです。大学生の頃、悪友(いまも仲の良い友達だそうです)から誘われ、旅行のお金が欲しくて出たと言っていました。

後で妻の男性経験の人数がそのビデオと合わせると数が合わないので聞くと、ビデオで絡んでいる男の人数は含めないのが業界の常識だそうで、知りませんでした。と言う事は、本当の経験人数は両手ぐらいと言う事になりますね。

その後、妻とはタブーが無くなって色々と楽しませています。さて、プロポーズを成り行きでしてしまい、向こうからも一応OK?と言われ、翌日、彼女(妻)が帰ってから、事の重大性に気が付きました。

親兄弟には彼女の事をどうやって説明するか、まさかAVに出ていたなんて口が裂けても言えるわけがありません。自分も、果たしてそれで良かったのかと、これから悩まないでいられるのかと自問自答しました。

しかし、結局、彼女のけなげさ(派遣で苦労している話などを聞いて)にやっぱり、結婚の決意を固めました。(妹みたいと言ったら変になりますが、似た様なものです。)実際、彼女(妻)も冗談で言っていたと思ったらしく、翌週の月曜に私に「あの話は、よく考えてから言って下さい」と思い直した方が良いともとれる様な事を言われました。

しかし、そんな事を言われれば言われるほど、逆に結婚への決意を固めた次第です。その夜も強引にデートに誘い(最初は断られました)結婚したいと言う事を再度言いました。

そのあとは、時間が無かったのにも関わらずホテルへ行って2回目の性交渉を持ちました。(今度はちゃんとバックも)私の決意が変わらないのも知って彼女(妻)も次第に真剣になり、ちゃんとお互いの両親への紹介と結納等を経由して結婚へといたりました。

もちろん結婚までは、清い体で、・・なんて言う事は全く無く、毎日の様にお互いのアパートを行き来し、やりまくっていました。(多分この時に私の性欲を使い果たしたのかも)彼女(妻)のアパートで2本目のビデオを見させてもらいました。

ちなみに妻は、体はいいのですが、どこにでもいるような普通の女の子で、AVアイドルになれる様な感じではありません。(そこら辺が2本で終わった原因かも、こんなこと書くと妻が激怒しますね)そのビデオはいわゆる3Pでした。

さすがに婚約者にこれを見せる時には嫌がっていました。私が、AVを良く見ていたと知っているからこそ、強引に言うと押し入れの奥から取り出してきました。

1本目もそうでしたが、妻はまだ若く(当然ですね)そして、専門のメークさんもいて、ちゃんと化粧をしてくれたらしく、映っている妻は美少女的でした。1本目の男優は、まだ若くて、体も引き締まった男でしたが、2本目は、頭が寂しくなっているオヤジと同じ年頃の中年男性でした。

きっとそのビデオ会社は金がなくて、ちゃんとした男優を呼べなかったみたいです。(スタッフかも)内容は、アルバイト先の女子大生(当時、妻は本当の女子大生だった)が雇い主にやられてしまうという内容だったと思います。

ビデオは、結婚して、新居に引っ越しして来るまでの間に彼女(妻)に捨てられちゃいました。私のコレクションも、みっとも無いし、誰かに見られたらどうするんだと、言われ同じく全数廃棄の運命でした。

金が掛かっていたのに。当時、その2本目は、趣味に合わず、汚らしく見え、嫌いだったのですが、今は2本目の方が、興奮すると思います。

そこで思い出す範囲でその内容を(他のとダブっていて間違っていたらご容赦を)。ストーリはお粗末でしたが、妻(もう妻を彼女というのはなにか変なので、妻に統一します)は、制服の上を脱がせれ、ブラをたくし上げられると、そのピンク色の乳首を執拗に指で弄られたり、しゃぶられたりしていました。

不自然なミニスカートの下は、パンストでは無く生足で白いショーツでした。もう何度も見たパターンですが、ショーツを絞られたり、その上から指でいじくられたりしていました。

本目と同じようなソファーの上で全裸にされた妻は、もう一人の中年オヤジの禿げたオヤジの物をフェラしながら、もう一人にクンニされ、演技か本物か喘いでいました。禿げたオヤジの方は、やっぱり男性ホルモンが強いのでしょうか、頭には毛が無いのですが、胸毛やら、腕とかすね毛は、ぼうぼうでした。

フェラしている妻は、時々その毛をかき分けるようなしぐさをしていました。(こんな事を言う訳は、私自身が、逆に脚など毛が余りなくつるんとしています。妻はそんな私の脚が好きだと言ってくれ、良く脚を絡めてきます。)そう言うわけで、私としては自分と正反対の男が、彼女(妻)としているのを見ると演技とは言え、凌辱している様に思え、ついつい真剣に見てました。

思い出すと妻の白い全裸の体とそのオヤジの毛だらけの体が、白と黒で対比がきつかったです。(今は興奮ものかも)もう一人の中年のオヤジが、バックで妻を逝かせて、自分も妻の背中に射精していました。

続いて、その仰向けに寝た禿げたオヤジに、妻をまたがらせ、騎乗位で妻が腰を振っていました。突然、画面が切り替わると今度は妻がそのオヤジの毛深くて太い腕の下にいて正常位で責めたてられていました。

最後は、顔射かと思ったのですが、そのオヤジは妻の上に乗ったまま終わってしまいました。もちろん、途中では、その両方のオヤジには妻の可愛い唇が奪われ、しつこいくらいのキスをしていました。

キスが好きな方(キスフェチ?)もいるようですが、最近私もその気持ちがわかります。1本目が恋人同士の様な感じだったのに比べるとこっちは全然逆でした。

相変わらず、妻は、演技か本物か判りませんが、凄く感じている様に見え、そのしぐさに何度となく左手をせわしなく動かしていました。実際にこれに出演した女優が、すぐそばにいるのにも関わらずです。

さすがに、その後のSEXは、中に入れると同時に発射してしまい、妻の顔は呆れた様子でした。自分のアパートに帰る時に「そのビデオを貸してくれ」と言いましたが、答えは「ノー」でした。

そして、いつの間にか処分されていました。ビデオの件で、結婚後ですが、どうなっているのかを色々と聞いてみると、監督以下、カメラマンやメークさん達がいて、妻との絡みを撮影するのですが、監督さん以下初心者という妻に対しては、親切であったそうです。

行為後などは、ADなどが妻の体に付いたすぐに汗や男優の出した名残を拭き取ってくれたそうです。男優もあのオヤジ達も面白い事を言って笑わせてくれたり、初心者の妻に親切にしたそうで、これがAVで無ければ、普通の会社の仕事風景なんでしょうね。

肝心のモザイク部分のことについて演技中、妻の中に入っているものは、もちろん男優さん自身のものです。コンドーさんを付けるかどうかなのですが、1本目は気を使ってしていたそうですが、2本目はコンドーさん無しでした。

つまり、妻は、両方のオヤジ達の物を生で挿入されていた事になります。コンドーさんの有り無しでお金が違い、もちろん顔出しとかそういうのでも違っています。

2本目ともなると慣れたでしょうと監督さん達から言われ、断りにくくなり、うやむやのうちに生での挿入を承諾させられました。そして、生の時には、妊娠に気をつけるため、エー◯イと言う会社の避妊薬や使い、演技を行いました。

禿げたオヤジの方は、本当は顔射の予定だったのが、我慢が出来ずに妻の中に出してしまったそうです。妻は、出されたオヤジの暖かい精液を自分の奥で感じて、中で出されたのは判ったのですが、ここで騒ぐと今までのが台無しになると思い、しばらく目を閉じて逝ったふりをしたそうです。

後で、監督さんから、そのオヤジは怒られていたそうです。すぐにシャワーで洗い、出てくるオヤジの精液を洗い流しながら、妊娠しない様にと祈ったそうです。

幸い薬のおかげか、妊娠する事も無かったのですが、この先、こう言う事があると怖くなり、これで終わりにしたという次第です。妻の中に出したのは、このオヤジが一人目で、その後、妻は数人の男性経験を積んでいましたが、中出しだったのは、私が二人目ということだそうです。

(こればかりは、妻の言葉を信じるしか無いみたいです)自分の婚約者のその大事な部分を自分以外に多くの人が見ていて、その内の数人が妻のその部分を試していたのかと思うとやるせない気持ちでした。しかし、妻の話は私を充分に興奮させるものでした。




ワクワクメール
会員数最大級の出会い系サイトです。
有名雑誌にも多数紹介されるほどの老舗優良サイト!
会員数が多いということは当然出会える可能性も高いということになります。
つまり、何が言いたいかというと…
なんと、このサイトで出会った人たちの体験談が書籍化するくらいのマッチング力があるのです!!
ピュアな出会いと、アダルトな出会いの二刀流というわけです。
エロいことをしたい人は、無料登録をしたら、まず「アダルト掲示板」を利用しましょう!
相手のルックスを確認した上で、会うかどうか判断したい慎重派な人には、
「アダルト投稿画像」と「アダルト投稿動画」の確認をおすすめします。
ここには大人の遊びがあります!




一番簡単なセックスフレンドの作り方!出会い系口コミ人気ランキング
テーマ: 素人投稿 | ジャンル: アダルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。